2003.10.20

厚労省、長時間作動型インスリン製剤「ランタス」などを新医薬品として承認

 厚生労働省は10月16日付けで、新医薬品として16品目を承認した。承認された医薬品の商品名、一般名、承認取得者などは以下の通り。

・アベンティスファーマの「ケテック」「ケテック錠300mg」(一般名:テリスロマイシン)
慢性呼吸器疾患の二次感染や歯性感染症を適応とする新規ケトライド系の経口抗菌薬。

・日本ベーリンガーインゲルハイムの「塩酸プラミペキソール水和物」「シフロール錠0.125g」「シフロール錠0.5mg」(一般名:塩酸プラミペキソール水和物)
パーキンソン病を適応とする選択的ドパミン受容体作動薬。

・アベンティスファーマの「ランタス注カート300」「ランタス注キット300」(一般名:インスリン グラルギン)

・ノバルティス ファーマ(承認取得者名は日本チバガイギー)の「ビズダイン静注用15mg」(一般名:ベルテポルフィリン)
加齢黄斑変性症を適応とする。

・中外製薬の「ペガシス皮下注180μg」「ペガシス皮下注90μg」(一般名:ペグインターフェロン アルファ−2a)

・和光純薬工業の「レザフィリン」、明治製菓の「注射用レザフィリン100mg」(一般名:タラポルフィリンナトリウム)

・ファイザーの「ホスフルコナゾールファイザー」「プロジフ静注液100」「プロジフ静注液200」「プロジフ静注液300」(一般名:ホスフルコナゾール)

 医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構のホームページに掲載されている新薬承認情報はこちらまで

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2