2003.10.20

厚労省、長時間作動型インスリン製剤「ランタス」などを新医薬品として承認

 厚生労働省は10月16日付けで、新医薬品として16品目を承認した。承認された医薬品の商品名、一般名、承認取得者などは以下の通り。

・アベンティスファーマの「ケテック」「ケテック錠300mg」(一般名:テリスロマイシン)
慢性呼吸器疾患の二次感染や歯性感染症を適応とする新規ケトライド系の経口抗菌薬。

・日本ベーリンガーインゲルハイムの「塩酸プラミペキソール水和物」「シフロール錠0.125g」「シフロール錠0.5mg」(一般名:塩酸プラミペキソール水和物)
パーキンソン病を適応とする選択的ドパミン受容体作動薬。

・アベンティスファーマの「ランタス注カート300」「ランタス注キット300」(一般名:インスリン グラルギン)

・ノバルティス ファーマ(承認取得者名は日本チバガイギー)の「ビズダイン静注用15mg」(一般名:ベルテポルフィリン)
加齢黄斑変性症を適応とする。

・中外製薬の「ペガシス皮下注180μg」「ペガシス皮下注90μg」(一般名:ペグインターフェロン アルファ−2a)

・和光純薬工業の「レザフィリン」、明治製菓の「注射用レザフィリン100mg」(一般名:タラポルフィリンナトリウム)

・ファイザーの「ホスフルコナゾールファイザー」「プロジフ静注液100」「プロジフ静注液200」「プロジフ静注液300」(一般名:ホスフルコナゾール)

 医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構のホームページに掲載されている新薬承認情報はこちらまで

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正