2003.10.15

【DDW-Japan 2003速報】 消化器関連5学会が第11回DDW-Japanを開幕

 消化器関連5学会による合同集会「DDW-Japan」(日本消化器関連学会週間)が、10月15日に大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル(大阪市)で開幕した。同集会は今年で11回目を迎えるが、大阪での開催は初めてだ。会期は18日までの4日間で、最終日までに1万2000〜1万3000人の参加が予定されている。

 「DDW-Japan」は、米国のDDW(Digestive Disease Week)に範を取ったもの。消化器関連の学術集会を合同で開催し、参加者の利便性を図ると同時に、細分化・専門化が進む消化器関連学会員が一同に会することで、総合的な医療の向上に資する開かれた学会となることを目標にしている。参加学会と今期会長は、日本消化器病学会(第45回大会、獨協医科大学消化器内科・寺野彰氏)、日本消化器内視鏡学会(第66回総会、日本大学第3内科・荒川泰行氏)、日本肝臓学会(第7回大会、愛知医科大学消化器内科・各務伸一氏)、日本消化器集団検診学会(第41回大会、朝日大学村上記念病院内科・井田和徳氏)、日本消化吸収学会(第34回総会、駿河台日本大学第3内科・岩崎有良氏)の5学会。

 5学会の合同集会とあって演題も盛りだくさんで、特別講演や教育講演などに加え、シンポジウムは21題、パネルディスカッションは21題、ワークショップは36題が開催。特別企画として「山極勝三郎生誕140年、吉田富三生誕100年記念シンポジウム」が開かれる。一般演題は1609題で、すべてポスター発表。次回の第12回DDW-Japanは、福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡(福岡市)の3会場で、2004年10月21〜24日にかけて開催される予定だ。DDW-Japanに関する詳細は、「DDW-Japanのホームページ」まで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335