2003.10.15

【DDW-Japan 2003速報】 消化器関連5学会が第11回DDW-Japanを開幕

 消化器関連5学会による合同集会「DDW-Japan」(日本消化器関連学会週間)が、10月15日に大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル(大阪市)で開幕した。同集会は今年で11回目を迎えるが、大阪での開催は初めてだ。会期は18日までの4日間で、最終日までに1万2000〜1万3000人の参加が予定されている。

 「DDW-Japan」は、米国のDDW(Digestive Disease Week)に範を取ったもの。消化器関連の学術集会を合同で開催し、参加者の利便性を図ると同時に、細分化・専門化が進む消化器関連学会員が一同に会することで、総合的な医療の向上に資する開かれた学会となることを目標にしている。参加学会と今期会長は、日本消化器病学会(第45回大会、獨協医科大学消化器内科・寺野彰氏)、日本消化器内視鏡学会(第66回総会、日本大学第3内科・荒川泰行氏)、日本肝臓学会(第7回大会、愛知医科大学消化器内科・各務伸一氏)、日本消化器集団検診学会(第41回大会、朝日大学村上記念病院内科・井田和徳氏)、日本消化吸収学会(第34回総会、駿河台日本大学第3内科・岩崎有良氏)の5学会。

 5学会の合同集会とあって演題も盛りだくさんで、特別講演や教育講演などに加え、シンポジウムは21題、パネルディスカッションは21題、ワークショップは36題が開催。特別企画として「山極勝三郎生誕140年、吉田富三生誕100年記念シンポジウム」が開かれる。一般演題は1609題で、すべてポスター発表。次回の第12回DDW-Japanは、福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡(福岡市)の3会場で、2004年10月21〜24日にかけて開催される予定だ。DDW-Japanに関する詳細は、「DDW-Japanのホームページ」まで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2