2003.10.14

【糖尿病合併症学会速報】 2型糖尿病患者に対する平均20日間の短期運動療法で動脈硬化度が改善

 糖尿病患者に対する運動療法は、血糖値コントロールだけでなく、様々な合併症につながる動脈壁硬化度を比較的短期間で改善するようだ。10月10日のワークショップ10「末梢循環障害」で、大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学教室の横山久代氏(写真)が報告した。

 横山氏らの研究グループは、2型糖尿病患者23人(男性6人、女性17人)に対して、1日当たり40分間、週5回のエルゴメータによる運動(平均強度は最大心拍数の50.7%)と毎日のウォーキング(平均8961歩/日)を課した。平均追跡期間は19.9日である。患者は平均年齢53.0歳、平均糖尿病罹病期間が6.6年で、いずれも細小血管障害を有しない。

 運動療法前後で、総頸動脈と大腿動脈の動脈壁硬化度とインスリン抵抗性、そのほかの臨床パラメータを測定した。動脈硬化度は超音波法によるStiffness index βで、インスリン抵抗性は正常血糖クランプ法によって測定した。

 その結果、運動前後では総頸動脈の動脈壁硬化度は、Stiffness index βで平均12.8から10.5に、大腿動脈では同じく、平均15.9から8.7といずれも有意に低下した。

 血糖クランプによるインスリン抵抗性は、有意差はないが運動前後で改善の傾向(P=0.061)を示した。運動前後のインスリン抵抗性の変化量によって対象患者を3群に分けたところ、変化が大きい群ほど動脈壁硬化度の改善が有意に大きく、総頸動脈に比べ、大腿動脈の方が、改善度がより大きかった。

 そのほかの検査値では、BMI、体脂肪率、収縮期血圧などには運動前後で有意な変化はみられなかったが、血糖値は平均で141mg/dlから116mg/dlへ、また血清総コレステロールは平均200mg/dlから176mg/dlへ有意に低下した。

 これらの結果から横山氏は、短期運動療法がインスリン抵抗性との関連が既に確認されている血管内皮機能の改善を介して、動脈壁硬化を改善していること、また、大腿動脈壁で特に硬化度の改善が大きかったことから、運動が動脈壁に対して直接的な効果をもたらしている可能性があることを示唆した。ただし、一般的な50歳代女性にとって、本研究の介入プロトコルはかなり負荷が高いものであり、介入後の自発的継続は難しそうだ。改善後の維持的運動療法についても今後の検討課題になると思われる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正