2003.10.11

【日本骨粗鬆症学会速報】 日本人女性の半数はビタミンD不足、厚生労働科学研究が示唆

 健康な中高年女性500人を対象とした調査で、調査対象女性の半数以上が「ビタミンD不足」状態にあるとみなせることが明らかになった。血中ビタミンD(25OHD)濃度が極端に低い人では、有意に骨折も多かったという。神戸薬科大学衛生化学研究室の岡野登志夫氏、成人病診療研究所の白木正孝氏らの研究グループによる厚生労働科学研究(関連トピックス参照)の結果で、10月9日の一般口演で発表された。

 調査の対象は、成人病診療研究所を受診した、長野県在住の健常女性464人(30〜95歳、平均年齢65歳)。血中ビタミンD濃度の季節変動や年齢との関連、骨代謝に与える影響などを評価した。さらに、測定に保険適応がないなどの理由で日本人における基準値が不明確な25OHD濃度の“正常範囲”を、副甲状腺ホルモン(PTH)濃度や骨折有病率を指標に検討した。

 その結果、日照時間を反映して、血中ビタミンD濃度は冬季で低く夏季で高いという季節変動はみられたが、年齢にはまったく依存しないことが判明。PTH濃度とは負の相関があり、ビタミンD濃度の低下で、骨代謝回転を司るPTH(関連トピックス参照)が代償的に上昇することが確かめられた。腰椎骨密度とは正の相関が認められた。

 次に研究グループは血中ビタミンD濃度で全体を5分し、PTH濃度や骨折有病率が有意に上昇する血中ビタミンD濃度を評価した。すると、最も血中ビタミンD濃度が高い群(30ng/ml以上)と比べ、10ng/ml未満の群では骨折有病率とPTH濃度がいずれも有意に上昇。20ng/ml未満までの群ではPTH濃度が有意に上昇していた。なお、ビタミンDは脂溶性ビタミンだが、血中濃度と体格指数(BMI)との関連は認められなかった。

 以上から岡野氏らは、血中ビタミンD濃度が10ng/ml未満の人は“ビタミンD欠乏症”、20ng/ml未満の人は“ビタミンD不足状態”とみなせると結論。「欠乏症」は全体の2.2%とわずかだが、20ng/ml未満の「ビタミンD不足状態」の人は全体の55%にも達することから、「これまで考えられていた以上に、日本人ではビタミンD不足の人が多い可能性がある」と話した。

 ビタミンDは骨代謝などに好影響を与えるほか、複数の介入試験で高齢者の転倒を防ぐことも示されている(関連トピックス参照)。骨代謝という一つの観点からの評価ではあるが、女性の過半数で不足しているというのは、実は大変な事態ではないだろうか。男性を対象とした同様の評価を進めると同時に、現行の栄養所要量の見直しなど、国民の健康増進に向けた具体的な行動が必要な段階に来ていると言えそうだ。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.10.10 日本骨粗鬆症学会速報】ビタミンAの取り過ぎは骨折のリスク? 日本人女性でも相関
◆ 2003.9.22 PTHによる骨粗鬆症の治療、ビスホスホネート製剤との「相乗効果」なし−−2臨床試験が米で学会発表
◆ 2003.10.14 日本骨粗鬆症学会速報】ビタミンDが高齢者の転倒を4割減少、Ca製剤の併用で転倒による骨折も予防−−特別講演より

■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:73
  4. 糖尿病合併高血圧は尿蛋白陰性ならCa拮抗薬も 特集◎生活習慣病 7つの新常識《2》 FBシェア数:5
  5. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:550
  6. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:60
  7. 母親の終末期を巡る兄弟の葛藤への対処法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:113
  8. 第二世代抗ヒスタミン薬:アレグラ人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  9. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:414
  10. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:65
医師と医学研究者におすすめの英文校正