2003.10.08

【日経ヘルスケア21◇中医協リポート】No.2 2002年改定の評価めぐり議論

 厚生労働省の中央社会保険医療協議会・診療報酬基本問題小委員会は、10月8日、同委員会の約半年にわたる審議経過をまとめた「診療報酬体系の見直しにかかわる審議の概要」に対する意見を整理するとともに、2002年の診療報酬改定の主要項目の評価について議論した。

 「医療技術の適正な評価」については、2002年の改定で設定された手術の施設基準に対し、施設基準を満たす医療機関が少なく地域医療に影響を与えているなどを理由に、外科系学会社会保険委員会連合より抜本改正を求める要望書が9月25日に提出されており、これらへの対応としては、調査専門組織医療技術評価分科会で、1.施設基準を満たす施設の分布状況、2.施設の年間手術症例数と手術成績の関係−−について調査分析を行うとした。

 「医療機関のコスト等の適切な反映」の中で、「IT化に伴う維持・管理コストは適切な評価が必要」という診療側の意見に対し、支払い側は、「効率化によってコスト削減も想定できる」などと反論した。

 2002年診療報酬改定の評価については、厚労省医療課長から、主な改定項目に対して、予定した効果とその検証方法について説明があった。その中で再診料等の月内逓減制は2003年6月に廃止となったため、その影響については2004年以降に別途調査が必要とした。また、在院日数の短縮化については、平均在院日数短縮傾向の検証を行うとしたが、診療側から「患者が別の病院に転院しただけというのでは本当の評価はできない。退院後、患者の状況がどうなったかを把握する必要がある」などの要望があった。

 投薬期間制限の撤廃については日医副会長の青柳俊委員が、「正しい選択だったと思うが、2週間処方から1カ月処方に変わると、医療機関側の相対的な技術評価料は減ってしまう。それを補う意味でも、1カ月処方が可能かどうかを判断する『判断料』的なものを考慮すべき」と主張した。
(友吉由紀子、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97