2003.10.06

【日経メディカル版◇関東の「良い病院」ランキング】 医療不信が高まる中、しっかりした病院を選びたい 東京厚生年金病院、河北総合病院がトップ

 医療事故報道が相次ぐ中、自分が病気になったとき、どこの病院に行けばいいのか、大きな悩みになる。病気を治すはずが、医療事故で体を傷つけられたのでは、たまらない。新聞では、ちょっとした病気やけがを治療するために入院したのに、医療行為によって死亡した事例も伝えられる。

 どうやら病院の質に違いがあるのは明らかだ。だが、どこの病院がしっかりしているのか、それを判断する材料はあまりに乏しい。いったいどこの病院に行けばいいのか。

 日経メディカルでは、日本医療機能評価機構(以下、評価機構)が認定した病院が開示している評価結果から、ランキングを作成した(対象は、関東にある、おおむね200床以上の地域中核病院に当たる「一般病院B」と分類されている病院)。評価機構は実際に病院を訪問して審査しているため、評価に客観的な視点が入っている。このランキングを、読者が病院選びをするときの一助としていただきたい。

ランキング算出方法はこちら

 トップは、東京厚生年金病院(東京都新宿区)と河北総合病院(東京都杉並区)だった。上位となった病院は以下の通り。

 関東病院ランキングベスト5     関東病院ランキングベスト3   
(1999年10月以降認定52病院中) (1999年10月以前認定28病院中)
東京厚生年金病院            河北総合病院
武蔵野赤十字病院            亀田総合病院
足利赤十字病院             東京都立大塚病院
東京都立駒込病院
宇都宮社会保険病院

 ランキングI(1999年10月以降認定分)の詳細はこちらから
 ランキングII(99年10月以前認定分)の詳細はこちらから

 分野別にみると、医療レベルに反映すると考えられる「診療の質の確保」の項目では、東京厚生年金病院と亀田総合病院が1位だった。また、「看護の適切な提供」においては、宇都宮社会保険病院と河北総合病院がトップだった。

 評価機構は、10月31日、認定病院の評点内容をまとめ「認定病院評価結果の情報提供 2003」を発売する。認定病院ごとに、約130におよぶ審査項目ごとの5段階評価が行われたものが一覧表となっている。これまでインターネットに病院ごとに出されていた評点が一覧表で出されることで、読者は病院の“通知表”を比較検討しやすくなる。

 同じ認定病院でも最上位と最下位では、評点に100点を大きく超える差があった。これからは、認定を受けていない病院、あるいは認定を受けても評価を公開しない病院は、患者から避けられるようになるだろう。また評点の低い病院も患者から厳しい視線にさらされる。

 分野ごとの特色もある。国立病院東京医療センターと社会保険群馬中央総合病院は、「患者の満足と安心」の項目では2位だが、「診療の質の確保」においては両病院とも25位、27位となるなど、得手不得手が表れているところも見られる。何を重視して病院を選ぶのか、患者が良く考えることも大切になってくるだろう。
(埴岡健一、日経メディカル

 ご意見、ご感想は medical@nikkeibp.co.jp までお願いします。

 日経メディカル本誌 関連記事はこちら
 日本医療機能評価機構のホームページはこちら
 日本医療機能評価機構の一般公開講座の情報はこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335