2003.10.03

日医の坪井会長が引退を表明、4日発売の月刊誌に手記

 日本医師会の坪井栄孝会長が、来年の会長選には出馬せず、今期限りで引退する決意であることがわかった。坪井氏は、4日発売の「月刊現代」(講談社)に寄せた手記の冒頭で、「体力、気力、智力ともにその限界を覚った」とし、「次期は出馬しないつもりだ」と表明している。

 次期日医会長をめぐっては、先月末、北海道医師会が臨時代議員会で青柳俊・日医副会長を推薦する方針を打ち出している。また、植松治雄・大阪府医師会会長も出馬の意向と言われ、12日に日医の臨時代議員会を控えて坪井会長の去就に注目が集まっていた。

 坪井会長が引退を表明したことを受けて、次期会長選に向けた動きは一気に本格化しそうだ。(井上 俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256