2003.10.03

日医の坪井会長が引退を表明、4日発売の月刊誌に手記

 日本医師会の坪井栄孝会長が、来年の会長選には出馬せず、今期限りで引退する決意であることがわかった。坪井氏は、4日発売の「月刊現代」(講談社)に寄せた手記の冒頭で、「体力、気力、智力ともにその限界を覚った」とし、「次期は出馬しないつもりだ」と表明している。

 次期日医会長をめぐっては、先月末、北海道医師会が臨時代議員会で青柳俊・日医副会長を推薦する方針を打ち出している。また、植松治雄・大阪府医師会会長も出馬の意向と言われ、12日に日医の臨時代議員会を控えて坪井会長の去就に注目が集まっていた。

 坪井会長が引退を表明したことを受けて、次期会長選に向けた動きは一気に本格化しそうだ。(井上 俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54