2003.10.02

【欧州呼吸器学会速報】 開業医は、40歳までの患者には喘息を、40歳以上はCOPDを疑うべき

 内科の開業医は、40歳までの患者には喘息を、40歳以上には喘息の既往歴と喫煙歴を確認して、COPD(慢性閉塞性肺疾患)と鑑別診断すべき−−。そんな提案を、疫学調査とガイドラインを基に、オランダのMaastricht大学、Department of General PractieのOnno C.P.Van Schayckらが欧州呼吸器学会で9月28日発表した。

 GINAなどの喘息のガイドラインでは、既往歴を聞き、検査を行うことを強調。一方、COPDのガイドライン(GOLD)では、症状と喫煙歴などを確認し、スパイロメトリーでの診断を推奨している。COPDなのか、喘息なのか、早めの診断と適切な治療が望まれる中、最初にCOPDや喘息を診断する可能性の高い、一般の内科開業医にはどう診断すべきかがわかりにくいのが現状だ。

 そこで、Onno C.P.Van Schayckらは、米国のNational Heatlh Interview Survey(NHIS)とthe Third National Health Survey(NHANES)を分析。喘息の患者は12〜17歳をピークに徐々に減っていくが、COPD患者は、40代に入ってからどんどん増加し、60代以上では喘息患者の3倍以上になる。

 これらのデータを基にし、診断モデルを作成。1.まず、咳などを訴える40歳以下の患者には、喘息を疑う。2.40歳以上の患者では、まず喫煙歴を聞いてCOPDの可能性を探る。3.喫煙歴がなければ、喘息との鑑別診断を行う−−というでモデルを提案した。
(白澤淳子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専門医制度も働き方改革も、好きにしてくださいな(… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:99
  2. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:85
  3. カンマの打ち方で意味が全く変わりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:20
  4. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:53
  5. 医療事故調の院内調査に弁護士の介入は要らない シリーズ◎どうする医療事故調制度 FBシェア数:33
  6. 心筋梗塞患者のせん妄治療に何を使う? BMJ誌から FBシェア数:160
  7. 血液ガス生理のバイブル 医学書ソムリエ FBシェア数:6
  8. 急性膵炎 動画で学ぶ腹部エコー診療の実際 FBシェア数:8
  9. 腹腔鏡ではなくロボット手術でお願いします 記者の眼 FBシェア数:24
  10. 胸部CTの読影では肺外にも注意する 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:16
医師と医学研究者におすすめの英文校正