2003.10.02

【欧州呼吸器学会速報】 開業医は、40歳までの患者には喘息を、40歳以上はCOPDを疑うべき

 内科の開業医は、40歳までの患者には喘息を、40歳以上には喘息の既往歴と喫煙歴を確認して、COPD(慢性閉塞性肺疾患)と鑑別診断すべき−−。そんな提案を、疫学調査とガイドラインを基に、オランダのMaastricht大学、Department of General PractieのOnno C.P.Van Schayckらが欧州呼吸器学会で9月28日発表した。

 GINAなどの喘息のガイドラインでは、既往歴を聞き、検査を行うことを強調。一方、COPDのガイドライン(GOLD)では、症状と喫煙歴などを確認し、スパイロメトリーでの診断を推奨している。COPDなのか、喘息なのか、早めの診断と適切な治療が望まれる中、最初にCOPDや喘息を診断する可能性の高い、一般の内科開業医にはどう診断すべきかがわかりにくいのが現状だ。

 そこで、Onno C.P.Van Schayckらは、米国のNational Heatlh Interview Survey(NHIS)とthe Third National Health Survey(NHANES)を分析。喘息の患者は12〜17歳をピークに徐々に減っていくが、COPD患者は、40代に入ってからどんどん増加し、60代以上では喘息患者の3倍以上になる。

 これらのデータを基にし、診断モデルを作成。1.まず、咳などを訴える40歳以下の患者には、喘息を疑う。2.40歳以上の患者では、まず喫煙歴を聞いてCOPDの可能性を探る。3.喫煙歴がなければ、喘息との鑑別診断を行う−−というでモデルを提案した。
(白澤淳子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正