2003.10.02

【欧州呼吸器学会速報】 開業医は、40歳までの患者には喘息を、40歳以上はCOPDを疑うべき

 内科の開業医は、40歳までの患者には喘息を、40歳以上には喘息の既往歴と喫煙歴を確認して、COPD(慢性閉塞性肺疾患)と鑑別診断すべき−−。そんな提案を、疫学調査とガイドラインを基に、オランダのMaastricht大学、Department of General PractieのOnno C.P.Van Schayckらが欧州呼吸器学会で9月28日発表した。

 GINAなどの喘息のガイドラインでは、既往歴を聞き、検査を行うことを強調。一方、COPDのガイドライン(GOLD)では、症状と喫煙歴などを確認し、スパイロメトリーでの診断を推奨している。COPDなのか、喘息なのか、早めの診断と適切な治療が望まれる中、最初にCOPDや喘息を診断する可能性の高い、一般の内科開業医にはどう診断すべきかがわかりにくいのが現状だ。

 そこで、Onno C.P.Van Schayckらは、米国のNational Heatlh Interview Survey(NHIS)とthe Third National Health Survey(NHANES)を分析。喘息の患者は12〜17歳をピークに徐々に減っていくが、COPD患者は、40代に入ってからどんどん増加し、60代以上では喘息患者の3倍以上になる。

 これらのデータを基にし、診断モデルを作成。1.まず、咳などを訴える40歳以下の患者には、喘息を疑う。2.40歳以上の患者では、まず喫煙歴を聞いてCOPDの可能性を探る。3.喫煙歴がなければ、喘息との鑑別診断を行う−−というでモデルを提案した。
(白澤淳子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239