2003.10.01

【投稿】 ソーシャルワーカーが記録する患者のケース記録は保全対象となるのか

 ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」に関連して、ソーシャルワーカーの方から質問をいただきました。「ソーシャルワーカーが記録する患者のケース記録は保全対象となるのか」というものです。皆様のご意見をお待ちしております。(MedWave編集部)

?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/ 読者から_/_/

 私はソーシャルワーカー業務に就いている者です。

 証拠保全でいつも疑問に思うのは、ソーシャルワーカーが記録する患者のケース記録が保全対象となるか否かです。

 医師のカルテ、看護師の看護記録と同様、ソーシャルワーカーもケース記録を作成しており、治療に関する今後の患者からの相談・面談記録などを残しております。

 医療機関によっては、ソーシャルワーカー、PT、OT、栄養士など関連する職種が全てひとつのカルテに書き込むようになっていることもありますが、ほとんどの場合、ソーシャルワーカーはカルテとは別に独自に個人でケース記録を管理していることが多く、また、証拠保全される時は「診療録など」とされており、ケース記録までが
対象となることはほとんどないようです。

 しかしながら、これから電子カルテに記録するようになると、現行のような医師や看護師の記録だけが保全対象ではなくなってくると思われるのですが、いかがでしょうか。

編集部から】
 この件につきまして現在、ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」の講師をお願いしております浅井登美彦氏にうかがいました。結論は、現状でも「ソーシャルワーカーのケース記録も対象になりうる」ということでした。証拠保全の対象は、基本的に求める側が決めるので、「ソーシャルワーカーのケース記録だから」といって対象にならないということではないのです。ケース記録が病院業務の一環として行われている以上、対象になりえます。

?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/ 読者から_/_/

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:255
  2. ドラマ「コード・ブルー」が始まったけど… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:430
  3. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:35
  4. 「棒」摘出を巡る、一生忘れられないある体験 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:6
  5. 外勤で手を抜いてない? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  6. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:17
  7. 日本病院会認定の「病院総合医」来春から養成 卒後6年以上の医師を対象、研修期間は原則2年 FBシェア数:90
  8. シャンプー、ゲル…頭部乾癬用薬の新剤形が続々 トレンド◎患者の利便性向上や副作用の軽減に期待 FBシェア数:67
  9. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:51
  10. やっぱり必要、診療情報提供書 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:46