2003.10.01

【投稿】 ソーシャルワーカーが記録する患者のケース記録は保全対象となるのか

 ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」に関連して、ソーシャルワーカーの方から質問をいただきました。「ソーシャルワーカーが記録する患者のケース記録は保全対象となるのか」というものです。皆様のご意見をお待ちしております。(MedWave編集部)

?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/ 読者から_/_/

 私はソーシャルワーカー業務に就いている者です。

 証拠保全でいつも疑問に思うのは、ソーシャルワーカーが記録する患者のケース記録が保全対象となるか否かです。

 医師のカルテ、看護師の看護記録と同様、ソーシャルワーカーもケース記録を作成しており、治療に関する今後の患者からの相談・面談記録などを残しております。

 医療機関によっては、ソーシャルワーカー、PT、OT、栄養士など関連する職種が全てひとつのカルテに書き込むようになっていることもありますが、ほとんどの場合、ソーシャルワーカーはカルテとは別に独自に個人でケース記録を管理していることが多く、また、証拠保全される時は「診療録など」とされており、ケース記録までが
対象となることはほとんどないようです。

 しかしながら、これから電子カルテに記録するようになると、現行のような医師や看護師の記録だけが保全対象ではなくなってくると思われるのですが、いかがでしょうか。

編集部から】
 この件につきまして現在、ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」の講師をお願いしております浅井登美彦氏にうかがいました。結論は、現状でも「ソーシャルワーカーのケース記録も対象になりうる」ということでした。証拠保全の対象は、基本的に求める側が決めるので、「ソーシャルワーカーのケース記録だから」といって対象にならないということではないのです。ケース記録が病院業務の一環として行われている以上、対象になりえます。

?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/?_/ 読者から_/_/

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153