2003.09.30

【欧州呼吸器学会速報】 睡眠時無呼吸が1時間に14回以上で、心臓血管疾患や高血圧のリスクが約2倍に

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)と心臓血管疾患、高血圧の関係について、1000人規模の8年間に及ぶ追跡調査が発表された。「1時間に14回以上、睡眠時無呼吸がある」人は、「無呼吸がない、あるいは1時間に3回までの無呼吸がある」人に比べ、心臓血管疾患になるリスクが約2倍になるという。さらに、同じ研究で160/100mmHg以上の高血圧になるリスクも約2倍だと報告された。オーストリアのウイーンで開かれている欧州呼吸器学会で9月28日、スペインのJoaquin Duran-Cantolla氏(Respiratory Unit of Sleep Disorders,Txagorritxu hospital)が発表した。

 Duran-Cantolla氏率いる研究チームは、30〜70歳までの1050人の一般男性を抽出。聞き取りおよび睡眠ポリグラフ検査で、1時間に何回無呼吸があるかを調べた。その後、追跡できた957人に対し、無呼吸の頻度に応じて、1時間に「0〜2.9回」「3〜6.9回」「7〜13.9回」「14回以上」の4群に分けて分析した。

 その結果、無呼吸の頻度が高いほど、心臓血管疾患が増加。中でも「0〜2.9回」群の心臓血管疾患の割合は3.6%だったが、「14回以上」では、12.6%とおよそ3.5倍になった。年齢、BMI、およびアルコールやタバコ、コーヒー、運動の習慣などを調整して比較したところ、「0〜2.9回」に比べ、「14回以上」群の心臓血管疾患のリスクは1.9倍と約2倍近くになった。

 さらに、高血圧でなかった658人に対して、同様に分析。「0〜2.9回」群に比べると、「14回以上」群では、160/100mmHg以上の高血圧になるリスクは、2.1倍になった。ちなみに、140/90mmHg以上の高血圧になるリスクは、1.3倍だった。

 Duran-Cantolla氏は「さらに長期的に追跡すれば、もっとクリアな結果が出るだろう」と話している。
(白澤淳子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95