2003.09.28

【日本癌学会速報】 日本癌学会が「禁煙宣言」、会員、行政機関と国民に喫煙対策を要請

 日本癌学会は9月27日に開催した総会で、「禁煙宣言」を採択した。会員や行政機関、国民に向け、10項目からなる喫煙対策を呼びかけるもの。採択後は会場内にポスターを掲示、同宣言の周知を図った。

 「禁煙宣言」を構成する10項目は、会員に対する4項目、厚生労働省や文部科学省、財務省など喫煙対策関連機関に対する5項目と、一般国民・社会に対する1項目から構成されている。会員に対しては、1.喫煙対策に資する研究の推進、2.喫煙会員への禁煙要請並びに会員所属施設の全館禁煙化推進、3.あらゆる機会を捉えて喫煙の害を説き、禁煙を呼びかける、4.日本癌学会主催会合の会場内禁煙−−の4項目を提示した。

 行政機関への呼びかけは、1.喫煙に対する健康教育、未成年者の喫煙防止対策の推進、2.禁煙希望者への支援対策推進、3.受動喫煙の防止対策推進、4.たばこ製品の広告や自動販売機への規制・警告文書の強化、5.たばこ価格の欧米先進国並みへの引き上げ、増税分の喫煙対策推進費用への充当−−の5項目。一般国民に対しては、「未成年者の喫煙防止、禁煙、非喫煙者への健康への影響を無くす」ことを求めた。

 他の医療関連団体の「禁煙宣言」と比較すると、会員に対する呼びかけで「会員の禁煙」より前に「研究の推進」を据えている点が目を引くところで、学術団体らしさを感じさせる点ではある。ただ、9月25日のパネルディスカッションで「既に国内でも研究は十分に行われている。問題は、研究の成果がタバコ・コントロールにつながっていないこと」(大阪府立成人病センター調査部・大島明氏)との指摘がなされているように、問題の本質は「研究不足」ではなく「研究成果の実行」にあることは広く認識されているところ。今回の「宣言」には、こうした認識が十分には反映されていないようだ。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5