2003.09.26

【日本癌学会速報】 25日のランチョンで集団食中毒か、異例の「お詫び」が掲示

 日本癌学会総会で9月25日、午後3〜4時ごろから腹痛を訴える人が続出、72人が救急車で市内の病院に運ばれた。症状を訴えた人は27日までに200人を超え、100人弱が病院を受診、うち17人が入院したという。入院者は26日中に全員が退院するなど大事には至らなかったが、この事態を受け、同学会では会場内に異例の「お詫び」を掲示(写真)。会場入り口では健康状況・喫食状況を調べる調査票も配布された。

 腹痛などの症状を訴えた人は、25日に8会場に分散して行われたランチョンセミナーに出席。各会場では同じ弁当(計2300食分)が配布されており、名古屋市健康福祉局は集団食中毒とみて、原因となった食品の特定を進めている。

 調査票では、24日の夕食、25日の朝食内容に加え、25日の昼食については配布された弁当の個々の食材を提示して「何を食べたか」を詳細に調査。併せて、嘔吐や下痢、発熱などの症状の有無や発症順、発症時刻、受診医療機関などを尋ねている。日本癌学会では、調査結果がまとまり次第、参加者に結果を報告する予定だ。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3