2003.09.11

【SARS速報】 シンガポールのSARS患者はラボで感染か?

 世界保健機関(WHO)は9月10日、シンガポール保健省が重症急性呼吸器症候群(SARS)の可能性例として9日に公表した27歳の医学生を、検査結果によって確定したSARSコロナウイルス感染者と認め、感染症速報で発表した。今回の症例は軽症で、隔離されており、二次感染者も出ていないため、シンガポールへの旅行は安全であり、シンガポールからの旅行者が他国に危険を及ぼすことはないとしている。

 シンガポール環境局は、感染した学生が8月23日に利用した環境保健研究所のバイオセーフティレベル3施設で、6日前の17日にSARSウイルスを扱っていたことを明らかにしている。このためWHOは、今回の感染が研究施設内での事故の可能性があるとみているが、シンガポール環境局自体は、SARSウイルスの漏出があったとしてもウイルスが6日間生き残るとは考えにくいとして、事故による感染という説には否定的だ。

 シンガポール環境局のプレスリリースはこちら、WHOの速報はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:147
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:199
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:42
  4. 二次予防ならSGLT2阻害薬が第二選択薬に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《7》 FBシェア数:79
  5. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:55
  6. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:29
  7. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. あれ・それがどれ?で論文が台無しです! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:16
  9. アレルギー性鼻炎に世界初の経皮吸収型製剤 最新DIピックアップ FBシェア数:132
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:45
医師と医学研究者におすすめの英文校正