2003.09.11

【SARS速報】 シンガポールのSARS患者はラボで感染か?

 世界保健機関(WHO)は9月10日、シンガポール保健省が重症急性呼吸器症候群(SARS)の可能性例として9日に公表した27歳の医学生を、検査結果によって確定したSARSコロナウイルス感染者と認め、感染症速報で発表した。今回の症例は軽症で、隔離されており、二次感染者も出ていないため、シンガポールへの旅行は安全であり、シンガポールからの旅行者が他国に危険を及ぼすことはないとしている。

 シンガポール環境局は、感染した学生が8月23日に利用した環境保健研究所のバイオセーフティレベル3施設で、6日前の17日にSARSウイルスを扱っていたことを明らかにしている。このためWHOは、今回の感染が研究施設内での事故の可能性があるとみているが、シンガポール環境局自体は、SARSウイルスの漏出があったとしてもウイルスが6日間生き残るとは考えにくいとして、事故による感染という説には否定的だ。

 シンガポール環境局のプレスリリースはこちら、WHOの速報はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132