2003.09.11

【SARS速報】 シンガポールのSARS患者はラボで感染か?

 世界保健機関(WHO)は9月10日、シンガポール保健省が重症急性呼吸器症候群(SARS)の可能性例として9日に公表した27歳の医学生を、検査結果によって確定したSARSコロナウイルス感染者と認め、感染症速報で発表した。今回の症例は軽症で、隔離されており、二次感染者も出ていないため、シンガポールへの旅行は安全であり、シンガポールからの旅行者が他国に危険を及ぼすことはないとしている。

 シンガポール環境局は、感染した学生が8月23日に利用した環境保健研究所のバイオセーフティレベル3施設で、6日前の17日にSARSウイルスを扱っていたことを明らかにしている。このためWHOは、今回の感染が研究施設内での事故の可能性があるとみているが、シンガポール環境局自体は、SARSウイルスの漏出があったとしてもウイルスが6日間生き残るとは考えにくいとして、事故による感染という説には否定的だ。

 シンガポール環境局のプレスリリースはこちら、WHOの速報はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239