2003.09.10

【緊急安全性情報】 経口腸管洗浄剤「ニフレック」などによる腸管穿孔及び腸閉塞で死亡例

 厚生労働省は9月10日、味の素ファルマほか4社対し、経口腸管洗浄剤「ニフレック」(塩化ナトリウム、塩化カリウム、炭酸水素ナトリウム、無水硫酸ナトリウム配合剤)などに関する緊急安全性情報の配布を指示した。

 同薬については、2000年3月に、使用上の注意の「重大な副作用」の項に「腸管穿孔」に関する記載が追加された。市販後の副作用報告として、剤投与時の腸管内圧上昇による腸管穿孔の発現例が6例(うち死亡1例)あったためだった。

 しかし、注意の改訂後も、腸管穿孔が5例(うち死亡例4例)が報告されているほか、腸閉塞についても、発売以来7例(うち死亡例1例)が報告されたため、緊急安全性情報の配布となった。

 「ニフレック」などは、大腸内視鏡検査及び大腸手術時の前処置における腸管内容物の排除に使われる医薬品。日本では1992年6月から販売されている。年間約165万人に投与されている。

*緊急安全性情報は、味の素ファルマのホームページ
http://www.ajp.co.jp/nif0309.pdf (PDF形式)まで。
また、厚生労働省による報道発表資料は、こちら
http://www.pharmasys.gr.jp/kinkyu_anzen/kinkyu20030910.html まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14