2003.09.09

【短期集中講座◇心肺蘇生とAED】 なぜ医師以外にもAEDを認める必要があるのか

 厚生労働省は自動体外式除細動器(AED:Automated External Defibrillator)の使用を医師以外の非専門職にも認める方針を固めた。これは米国心臓協会欧州蘇生法協議会を中心とした国際蘇生法連絡委員会によって提唱された「心肺蘇生と救急心血管治療のための国際ガイドライン2000」に基づいている。ではなぜ、医師以外にもAEDを認める必要があるのだろうか。

帝京大学医学部附属病院救命救急センター教授 坂本哲也

 国際ガイドライン2000で示される救命の連鎖(Chain of survival)は、「迅速な通報、迅速な心肺蘇生、迅速な除細動、二次救命処置」という四つの輪で成り立つが、特筆すべきはAEDの使用が「迅速な除細動」として一次救命処置の三つの輪の一つに取り入れられていることである。この点について、国際ガイドライン2000では以下の根拠を挙げている。

1.目撃された突然の心停止では心室細動が最も多い。
2.心室細動に対する最も効果的な治療は電気的除細動である。
3.時間の経過とともに除細動成功率は減少する。
4.心室細動は数分間で心静止に移行する。

■心肺停止時の救命率は1分ごとに7〜10%下がる(国際ガイドライン2000より)


 日本では2003年4月から、医師の包括的指示による救急救命士の除細動が認められ、医師に指示を直接もらわなくても除細動が行えるようになり、傷病者に接触してから数分以内に除細動が施行できるようになった。しかし、救急救命士が現場に到着するまでの時間はそれ以上にかかり、救急救命士が到着した時点では心静止の方が多くなってしまっている。

 国際ガイドライン2000では、救急車を要請してから5分以内の電気的除細動を最重要目標として掲げている。この問題を解決するには、欧米と同様に医師以外の非専門職にもAED使用の門戸を広げるしかなく、厚労省は今回の画期的な方針を打ち出したと考えられる。背景には、より安全で簡便になったAEDの開発と、AEDを組み込んだ心肺蘇生法教育の進歩などがある。

■AEDによる心肺蘇生の教育


 米国ではラスベガスのカジノやシカゴのオヘア国際空港、アメリカン航空の機内などで行われた臨床研究でAEDの効果が既に証明されている。その結果、空港をはじめとした様々な公共施設にAEDが設置されるようになっただけでなく、学校にもAEDが設置され高校生がAEDの講習を受けるようになった。

 日本でもAEDが普及すれば、居合わせた医療従事者が知らぬふりでは済まない時代がすぐに来るだろう。国際ガイドライン2000では、外来や診療所へのAED設置も強く支持しており、この点でも医師に対するAED教育が重要となる。

 次回は「AEDの仕組みと種類」として、AEDの仕組みと原理を解説する。AEDにもいろいろな種類があり、近く、非専門職に認められるようになるのはPAD(Public Access Defibrillator)タイプのAEDになると見られる。今まで救急救命士が使用していた除細動器もAEDの一種だが、PADタイプとは一体どこが違うのかを解説する。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182