2003.09.09

心肺蘇生とAEDに関する短期集中講座、スタート

 厚生労働省が一般の人に自動体外式除細動器(AED)の使用を認める方針を打ち出したことで、今後、AEDを装備した救急車が増えるほか、空港や駅、スポーツ施設などにも順次、AEDが設置されていくことになりそうです。救急医療には日頃縁の遠い医師やその他の医療職の方々にとっても、AEDを使用した心肺蘇生の機会が増えていくと考えられます。

 MedWaveでは、9月9日の救急の日を機に、AEDの概要と心肺蘇生の最新動向について、帝京大学医学部附属病院救命救急センター教授の坂本哲也氏の執筆で、短期集中講座を開設します。坂本氏は、米国心臓協会(AHA)などが提唱した心肺蘇生に関する最新のガイドラインである国際ガイドライン2000を基にした救命処置の教育プログラムの普及に取り組んでおり、その概要についても紹介する予定です。

 この連載講座について、お問い合わせやご意見、反論などがありましたら、ぜひメールを担当者宛てnakazawa@nikkeibp.co.jpにお寄せください。掲載の場合はあらかじめご連絡致します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7