2003.08.26

【SARS速報】 WHO、SARSを否定、カナダの擬似SARS集団感染は別種のコロナウイルス

 世界保健機関(WHO)は8月25日、カナダの高齢者施設で発生した呼吸器疾患の集団感染は、重傷急性呼吸器症候群(SARS)ではなかったと発表した。

 この集団感染は、カナダのブリティッシュコロンビア州サレー市の高齢者施設で居住者とスタッフ計143人が感染し、初期の検査でSARSコロナウイルスの関与が示唆されたもの。8月14日にカナダの保健当局からWHOに報告が行われた。

 しかし、致死率が低い、鼻水が見られる、発熱がほとんどない、胸部X線所見の遷移がないなど、SARSの臨床像とは一致しなかった上、最終的に病原体として検出されたのは、SARSを引き起こすタイプとは別種のヒトコロナウイルスだった。このウイルスは「OC43」と呼ばれ、一般的な風邪の病原体の一つである。複数の国の高齢者施設で呼吸器疾患の原因にもなっている。

 この集団感染については、香港とシンガポールの保健当局が相次いで「注意深く動向を見守っている」とのコメントを発表するなど、国際的にも関心が集まっていた。

 本件に関するWHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198