2003.08.05

注意欠陥/多動性障害(ADHD)(ちゅういけっかん/たどうせいしょうがい)

 注意欠陥/多動性障害(attention-deficit hyperactivity disorder;ADHD)とは、注意を集中・持続することが難しく、多動性や衝動性の行動が現れる状態のことです。全児童の2〜5%ほどに見られますが、早期の治療で社会生活に適応することは十分可能です。==== 監修:宮尾益知(国立成育医療センター発達心理科医長)

■どんな症状がいつごろから現れますか。

 ADHDの症状は、3〜4歳、遅くとも7歳ごろまでに現れます。最も目立つのは多動性(手足を終始そわそわ動かす、教室でよく席を離れる、静かに遊べないなど)ですが、7歳ぐらいを境に徐々に目立たなくなり、不注意(物事を順序立てて考えられない、物忘れしやすいなど)や衝動性(質問が終わる前に出し抜けに答える、順番が待てないなど)が主に見られるようになります。

 ご両親のしつけや育て方が直接の原因になるわけではなく、ADHDのお子さんの約8割はご家族に同様の症状を持った方がいるといわれています。妊娠中の飲酒や喫煙、未熟児だったかなども一因として考えられています。

■家庭での注意点を教えてください。

 日常生活を工夫して症状を改善することは可能です。まず、お子さんがあれこれ考えなくても行動できるよう、1日の予定などは具体的に紙に書いて壁に張りましょう。

 おもちゃや洋服の整理をする際は細かく分けず、大きな箱を用意するなど大まかな
形で片付けさせてください。時間に気を配ることが苦手であれば、タイマーを使って時間の感覚を覚えさせることも有効です。

 それでも生活に支障が生じる場合は薬を使った治療もあるので、主治医に相談してみてください。ADHDのお子さんでは、問題行動が目立ってしまいがちですが、良いことをしたときにご両親が十分褒めてあげることも大切です。



出典:患者さんのページ(日経メディカル2003年4月号)

======================================

医師の方へ

 「注意欠陥/多動性障害(ADHD)」の患者指導のポイントを解説した記事「患者指導ノート」は、こちら(pdfファイル)からご覧いただけます。患者さんにお渡しいただける「患者さんのページ」(pdfファイル)もあります。ご活用ください。

======================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239