2003.08.05

注意欠陥/多動性障害(ADHD)(ちゅういけっかん/たどうせいしょうがい)

 注意欠陥/多動性障害(attention-deficit hyperactivity disorder;ADHD)とは、注意を集中・持続することが難しく、多動性や衝動性の行動が現れる状態のことです。全児童の2〜5%ほどに見られますが、早期の治療で社会生活に適応することは十分可能です。==== 監修:宮尾益知(国立成育医療センター発達心理科医長)

■どんな症状がいつごろから現れますか。

 ADHDの症状は、3〜4歳、遅くとも7歳ごろまでに現れます。最も目立つのは多動性(手足を終始そわそわ動かす、教室でよく席を離れる、静かに遊べないなど)ですが、7歳ぐらいを境に徐々に目立たなくなり、不注意(物事を順序立てて考えられない、物忘れしやすいなど)や衝動性(質問が終わる前に出し抜けに答える、順番が待てないなど)が主に見られるようになります。

 ご両親のしつけや育て方が直接の原因になるわけではなく、ADHDのお子さんの約8割はご家族に同様の症状を持った方がいるといわれています。妊娠中の飲酒や喫煙、未熟児だったかなども一因として考えられています。

■家庭での注意点を教えてください。

 日常生活を工夫して症状を改善することは可能です。まず、お子さんがあれこれ考えなくても行動できるよう、1日の予定などは具体的に紙に書いて壁に張りましょう。

 おもちゃや洋服の整理をする際は細かく分けず、大きな箱を用意するなど大まかな
形で片付けさせてください。時間に気を配ることが苦手であれば、タイマーを使って時間の感覚を覚えさせることも有効です。

 それでも生活に支障が生じる場合は薬を使った治療もあるので、主治医に相談してみてください。ADHDのお子さんでは、問題行動が目立ってしまいがちですが、良いことをしたときにご両親が十分褒めてあげることも大切です。



出典:患者さんのページ(日経メディカル2003年4月号)

======================================

医師の方へ

 「注意欠陥/多動性障害(ADHD)」の患者指導のポイントを解説した記事「患者指導ノート」は、こちら(pdfファイル)からご覧いただけます。患者さんにお渡しいただける「患者さんのページ」(pdfファイル)もあります。ご活用ください。

======================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1