2003.08.05

厚労省、生シカ肉によるE型肝炎ウイルス感染の危険性で通知

 厚生労働省は8月1日付けで生シカ肉によるE型肝炎ウイルス感染の危険性を情報提供するよう、都道府県に通知した。兵庫県でシカ肉を食べた4人が6〜7週間後にE型肝炎を発症し、患者から検出されたE型肝炎ウイルスが、冷凍保存されていたシカ肉から検出されたウイルスと遺伝子配列が一致したもの。厚労省では、野生動物の生食は避けることが望ましく、特に妊婦が感染すると劇症肝炎を発症して死亡する率が高いという研究結果があるため、妊婦は特に注意すべきだ警告している。厚労省は併せて、E型肝炎ウイルス感染(食中毒)に関するQ&Aを作成しており、今後、同省のホームページ上に掲載するという。

 Q&A集の内容を含む都道府県への通知内容はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44