2003.08.05

【SARS速報】 SARSウイルス・プロテアーゼの高解像度3次元データがPDBで公開

 重症急性呼吸器症候群(SARS)を引き起こすコロナウイルス(SARSウイルス)の、蛋白分解酵素(プロテアーゼ)の立体構造が、論文発表に先立ち蛋白立体構造の公的データベースであるProtein Data Bank(PDB)上に公開された。PDB上には既に、SARSウイルス・プロテアーゼの立体構造が3件公開されているが、これらは全てSARSウイルス以外のコロナウイルスのX線解析像などに基づく予測構造。SARSウイルスそのもののX線解析像に基づく立体構造の公開は初めてで、抗SARSウイルス薬の開発に弾みが付きそうだ。

 この構造解析を行ったのは、シンガポール国立Genome研究所と米国Structural GenomiX社(SGX社)の共同研究グループ。SARSウイルスを結晶化して得られたX線解析像に加え、SARSウイルスのゲノム配列を参照することで、1.86オングストロームという高解像度で3次構造を決定することに成功したという。

 SARSウイルスの主要プロテアーゼ(Mpro)はウイルスの複製を担っており、この働きを阻害することで、SARSの治療薬を開発できる可能性がある。SGX社では、PDBを通してSARSウイルス・プロテアーゼの立体構造を広く公開することで、SARS治療薬の開発を促進すると共に、共同研究の機会を広げたいとしている。

 今回公開された立体構造は、PDBのホームページにアクセスし、アーカイブ検索欄にIDコード「1Q2W」を入力することで表示できる。この件に関するSGX社のニュース・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176