2003.08.05

【SARS速報】 SARSウイルス・プロテアーゼの高解像度3次元データがPDBで公開

 重症急性呼吸器症候群(SARS)を引き起こすコロナウイルス(SARSウイルス)の、蛋白分解酵素(プロテアーゼ)の立体構造が、論文発表に先立ち蛋白立体構造の公的データベースであるProtein Data Bank(PDB)上に公開された。PDB上には既に、SARSウイルス・プロテアーゼの立体構造が3件公開されているが、これらは全てSARSウイルス以外のコロナウイルスのX線解析像などに基づく予測構造。SARSウイルスそのもののX線解析像に基づく立体構造の公開は初めてで、抗SARSウイルス薬の開発に弾みが付きそうだ。

 この構造解析を行ったのは、シンガポール国立Genome研究所と米国Structural GenomiX社(SGX社)の共同研究グループ。SARSウイルスを結晶化して得られたX線解析像に加え、SARSウイルスのゲノム配列を参照することで、1.86オングストロームという高解像度で3次構造を決定することに成功したという。

 SARSウイルスの主要プロテアーゼ(Mpro)はウイルスの複製を担っており、この働きを阻害することで、SARSの治療薬を開発できる可能性がある。SGX社では、PDBを通してSARSウイルス・プロテアーゼの立体構造を広く公開することで、SARS治療薬の開発を促進すると共に、共同研究の機会を広げたいとしている。

 今回公開された立体構造は、PDBのホームページにアクセスし、アーカイブ検索欄にIDコード「1Q2W」を入力することで表示できる。この件に関するSGX社のニュース・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130