2003.07.31

【SARS速報】 大阪府、SARS患者移送用陰圧カプセル搭載の移送車を購入

 大阪府は7月30日、重症急性呼吸器症候群(SARS)患者を移送するために必要な感染対策を施した患者移送用車両を購入したと発表した。車種は日産キャラバンで、患者をカプセル(アイソレータ)に収容して移送できる。カプセルはバッテリー、または内部電源によって、内部を陰圧化でき、内部の空気を直接周囲に漏らさないようになっている。患者を移送する時には、防護服を着用した職員がストレッチャー上のカプセルに患者を収容して陰圧化し、車両に移す。乗車定員は移送する患者を含めて5人。購入価格は改造費を含め、826万3500円(税込み)という。

 大阪府は本日13時から、県庁本庁舎と泉佐野保健所の間で患者移送のデモンストレーションを実施する予定だ。

 本件のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) FBシェア数:748
  2. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:83
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  4. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:44
  5. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:41
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:190
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:76
  8. 田辺三菱、アステラスが長期収載品から撤退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:132
  9. 応召義務 カデット特集●医師と法律 FBシェア数:0
  10. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:18