2003.07.28

田辺製薬、レミケード点滴剤に関節リウマチの効能追加承認を取得

 田辺製薬は7月24日、クローン病治療薬として販売している抗ヒトTNFαモノクローナルj抗体製剤「レミケード点滴静注100」(一般名:インフレキシマブ)に対し、7月17日付けで関節リウマチの効能の追加承認を取得したと発表した。レミケードは米Centocor社が開発した製品。関節リウマチやクローン病などの炎症性疾患の発症や増悪に関与する生体内のTNFα(腫瘍壊死因子)と結合して作用を阻害するもの。リウマチの進行に伴う関節の破壊を防止する効果が確認されているという。

 効能は、クローン病で中等度から重度の活動期にあるか、または外ろうがある患者と関節リウマチ患者で、いずれも既存の治療で効果が不十分な場合に限るとされている。クローン病を効能として承認されている薬価は1バイアル(20mg)11万3190円。

 レミケード点滴静注100に関するプレスリリースはこちらまで(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:73
  4. 糖尿病合併高血圧は尿蛋白陰性ならCa拮抗薬も 特集◎生活習慣病 7つの新常識《2》 FBシェア数:5
  5. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:550
  6. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:60
  7. 母親の終末期を巡る兄弟の葛藤への対処法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:113
  8. 第二世代抗ヒスタミン薬:アレグラ人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  9. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:414
  10. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:65
医師と医学研究者におすすめの英文校正