2003.07.15

“フケ症”向けの抗真菌薬に初のローション剤が登場

 ヤンセンファーマは7月14日、抗真菌薬「ニゾラール」(一般名:ケトコナゾール)のローション製剤を発売した。頭部のフケなどを特徴とする脂漏性皮膚炎に、唯一適応を持つ外用抗真菌薬で、既存のステロイド・ローション剤とのシェア争いが激化しそうだ。

 脂漏性皮膚炎は乳児や中高年男性に多い疾患で、中高年男性の場合、発症部位は頭部が大半を占め、初期症状としてフケ(鱗屑)の増加がみられる。皮脂分泌は男性ホルモンにより促進されるが、分泌された皮脂を皮膚の常在菌が分解する際、皮膚に炎症を起こすことで、表皮のターンオーバー(細胞が角化して表面からはがれ、細胞が入れ替わること)が早まるために生じる症状だ。

 発症に関わる皮膚常在菌の一つが、真菌(カビ)の一種であるマラセチア菌(malassezia furfur)。ケトコナゾールは脂漏性皮膚炎に対する効能を持つ唯一の抗真菌薬だが、これまではクリーム剤しかなく、毛髪に付着するため頭皮には使いにくかった。

 ローション製剤の適応症はクリーム剤と同じ(白癬、皮膚カンジダ症、癜風と脂漏性皮膚炎)で、薬価も2%1gが63.10円と同一。脂漏性皮膚炎の治療には、抗炎症作用を持つ外用副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)のローション製剤もよく使われるが、薬価は1g(1ml)が11.90〜49.70円とやや安い。

 速効性はあるが対症療法であるステロイド剤と、効果発現に時間はかかるが原因療法である抗真菌薬、さらに医師の処方が不要な医薬部外品(抗真菌薬の硝酸ミコナゾールを配合したシャンプー)と治療の選択の幅が広がる中、何が主流となるかに今後注目が集まりそうだ。

 この件に関するヤンセンファーマのニュース・リリースは、こちらまで。同社は今年6月、フケと脂漏性皮膚炎に関する情報サイトを開設、一般向けの情報提供も行っている。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48