2003.07.15

“フケ症”向けの抗真菌薬に初のローション剤が登場

 ヤンセンファーマは7月14日、抗真菌薬「ニゾラール」(一般名:ケトコナゾール)のローション製剤を発売した。頭部のフケなどを特徴とする脂漏性皮膚炎に、唯一適応を持つ外用抗真菌薬で、既存のステロイド・ローション剤とのシェア争いが激化しそうだ。

 脂漏性皮膚炎は乳児や中高年男性に多い疾患で、中高年男性の場合、発症部位は頭部が大半を占め、初期症状としてフケ(鱗屑)の増加がみられる。皮脂分泌は男性ホルモンにより促進されるが、分泌された皮脂を皮膚の常在菌が分解する際、皮膚に炎症を起こすことで、表皮のターンオーバー(細胞が角化して表面からはがれ、細胞が入れ替わること)が早まるために生じる症状だ。

 発症に関わる皮膚常在菌の一つが、真菌(カビ)の一種であるマラセチア菌(malassezia furfur)。ケトコナゾールは脂漏性皮膚炎に対する効能を持つ唯一の抗真菌薬だが、これまではクリーム剤しかなく、毛髪に付着するため頭皮には使いにくかった。

 ローション製剤の適応症はクリーム剤と同じ(白癬、皮膚カンジダ症、癜風と脂漏性皮膚炎)で、薬価も2%1gが63.10円と同一。脂漏性皮膚炎の治療には、抗炎症作用を持つ外用副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)のローション製剤もよく使われるが、薬価は1g(1ml)が11.90〜49.70円とやや安い。

 速効性はあるが対症療法であるステロイド剤と、効果発現に時間はかかるが原因療法である抗真菌薬、さらに医師の処方が不要な医薬部外品(抗真菌薬の硝酸ミコナゾールを配合したシャンプー)と治療の選択の幅が広がる中、何が主流となるかに今後注目が集まりそうだ。

 この件に関するヤンセンファーマのニュース・リリースは、こちらまで。同社は今年6月、フケと脂漏性皮膚炎に関する情報サイトを開設、一般向けの情報提供も行っている。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84