2003.07.14

術前診察担当と手術担当の麻酔科医は一人であるべきか

 手術前の患者診察は、実際の手術に臨む麻酔科医が担当すべきなのか。2002年にイタリアで実施された麻酔科医に対するアンケート結果によれば、少なくともイタリアでは、麻酔科医の理想と現実がまったく逆転しているという実態が明らかになっている。イタリアの麻酔科・ICU研究ネットワークGiViTIグループのBruno Simini氏らの研究で、British Medical Journal2003年7月12日号に掲載された。

 Simini氏らの研究グループは2002年6月に二つのシナリオを提示し、「あなたが所属している医療機関ではどちらを採用しているか」「あなたはどちらを好むか」を尋ねるアンケートを送付した。好みについては理由を最低一つ記入するように求めた。二つのシナリオは、シナリオAが「術前診察と手術を一人の麻酔科医が担当する」、シナリオBが「術前診察と手術は別の医師が担当する」というもの。

 麻酔科医(注)に対し262通を送付、198通の有効回答が寄せられた。それによると、好みについては、シナリオAが81.3%、シナリオBが10.1%だった。ところが、麻酔科医が属する医療機関99施設のうち、実に89施設(89.9%)はシナリオBを採用しており、シナリオAを採用していたのは10施設(10.1%)に過ぎなかった。

 理由についての記述を見ると、シナリオAを好むとした回答の理由としては、「医師と患者の関係が成立する」「術前検査や投薬の指示は手術に立ち会う麻酔科医の実施がベスト」など、臨床上の理由を挙げるものが多かった。これに対して、シナリオBを選んだ回答では、「責任を分担できる」「統一的な管理方式を採用しているから問題ない」などと管理上の理由が多くあがる傾向があった。

 著者らは、イタリアの多くの医療機関で行われているシナリオBの体制は、臨床上の要請に反するとみなしている。日本や他の国々ではどちらのシナリオを採用しているのか。同様の調査を実施してみるべきだろう。

 本論文の原題は、「Should same anaesthetist do preoperative anaesthetic visit and give subsequent anaesthetic? Questionnaire survey of anaesthetists」、全文はこちらまで。(中沢真也)

〈注)著者も所属する麻酔・ICU研究ネットワークであるGiviTI(Gruppo italiano per la Valutazione degli interventi in Terapia Intensiva)グループの「anaesthetist」が対象。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97