2003.07.14

術前診察担当と手術担当の麻酔科医は一人であるべきか

 手術前の患者診察は、実際の手術に臨む麻酔科医が担当すべきなのか。2002年にイタリアで実施された麻酔科医に対するアンケート結果によれば、少なくともイタリアでは、麻酔科医の理想と現実がまったく逆転しているという実態が明らかになっている。イタリアの麻酔科・ICU研究ネットワークGiViTIグループのBruno Simini氏らの研究で、British Medical Journal2003年7月12日号に掲載された。

 Simini氏らの研究グループは2002年6月に二つのシナリオを提示し、「あなたが所属している医療機関ではどちらを採用しているか」「あなたはどちらを好むか」を尋ねるアンケートを送付した。好みについては理由を最低一つ記入するように求めた。二つのシナリオは、シナリオAが「術前診察と手術を一人の麻酔科医が担当する」、シナリオBが「術前診察と手術は別の医師が担当する」というもの。

 麻酔科医(注)に対し262通を送付、198通の有効回答が寄せられた。それによると、好みについては、シナリオAが81.3%、シナリオBが10.1%だった。ところが、麻酔科医が属する医療機関99施設のうち、実に89施設(89.9%)はシナリオBを採用しており、シナリオAを採用していたのは10施設(10.1%)に過ぎなかった。

 理由についての記述を見ると、シナリオAを好むとした回答の理由としては、「医師と患者の関係が成立する」「術前検査や投薬の指示は手術に立ち会う麻酔科医の実施がベスト」など、臨床上の理由を挙げるものが多かった。これに対して、シナリオBを選んだ回答では、「責任を分担できる」「統一的な管理方式を採用しているから問題ない」などと管理上の理由が多くあがる傾向があった。

 著者らは、イタリアの多くの医療機関で行われているシナリオBの体制は、臨床上の要請に反するとみなしている。日本や他の国々ではどちらのシナリオを採用しているのか。同様の調査を実施してみるべきだろう。

 本論文の原題は、「Should same anaesthetist do preoperative anaesthetic visit and give subsequent anaesthetic? Questionnaire survey of anaesthetists」、全文はこちらまで。(中沢真也)

〈注)著者も所属する麻酔・ICU研究ネットワークであるGiviTI(Gruppo italiano per la Valutazione degli interventi in Terapia Intensiva)グループの「anaesthetist」が対象。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127