2003.07.11

【SARS速報】 厚労省、外来診療受け入れ指定医療機関の補助事業を開始

 厚生労働省は7月9日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の外来診療受け入れ指定医療機関に対する備品購入・設備整備の補助事業で、整備計画書の提出指示などを都道府県に通知した。指定医療機関が使用するマスクやガウンなどの備品備蓄やパーテーションなどの整備を進めるもので、必要な費用の半額を国が補助する。補助事業は2003年度限りの事業となる。

 補助の対象となるのは、1.マスク、ガウン、キャップ、ゴーグルなど、患者診療に必要な消耗品の備蓄費、または助成費、2.SARS疑い患者を他の患者と分けて診療するための診療机や案内板、パーティションなどの設備費。1.については、1医療機関当たり40万円、2.については50万円を基準額とし、それぞれ半額を国が負担する。受け入れ医療機関は現在500カ所程度なので、補助の総額は国と都道府県を合わせて5億円程度になる見込み。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34