2003.07.11

【SARS速報】 厚労省、外来診療受け入れ指定医療機関の補助事業を開始

 厚生労働省は7月9日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の外来診療受け入れ指定医療機関に対する備品購入・設備整備の補助事業で、整備計画書の提出指示などを都道府県に通知した。指定医療機関が使用するマスクやガウンなどの備品備蓄やパーテーションなどの整備を進めるもので、必要な費用の半額を国が補助する。補助事業は2003年度限りの事業となる。

 補助の対象となるのは、1.マスク、ガウン、キャップ、ゴーグルなど、患者診療に必要な消耗品の備蓄費、または助成費、2.SARS疑い患者を他の患者と分けて診療するための診療机や案内板、パーティションなどの設備費。1.については、1医療機関当たり40万円、2.については50万円を基準額とし、それぞれ半額を国が負担する。受け入れ医療機関は現在500カ所程度なので、補助の総額は国と都道府県を合わせて5億円程度になる見込み。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051