2003.07.11

【SARS速報】 厚労省、外来診療受け入れ指定医療機関の補助事業を開始

 厚生労働省は7月9日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の外来診療受け入れ指定医療機関に対する備品購入・設備整備の補助事業で、整備計画書の提出指示などを都道府県に通知した。指定医療機関が使用するマスクやガウンなどの備品備蓄やパーテーションなどの整備を進めるもので、必要な費用の半額を国が補助する。補助事業は2003年度限りの事業となる。

 補助の対象となるのは、1.マスク、ガウン、キャップ、ゴーグルなど、患者診療に必要な消耗品の備蓄費、または助成費、2.SARS疑い患者を他の患者と分けて診療するための診療机や案内板、パーティションなどの設備費。1.については、1医療機関当たり40万円、2.については50万円を基準額とし、それぞれ半額を国が負担する。受け入れ医療機関は現在500カ所程度なので、補助の総額は国と都道府県を合わせて5億円程度になる見込み。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43