2003.07.10

ADAが糖尿病小児の脂質管理ガイドラインを発表

 米国糖尿病協会(ADA)はこのほど、糖尿病に罹患した小児の脂質管理に関するガイドラインを発表した。1型・2型糖尿病の小児・青少年に対し、検査の必要性や管理目標値などを提示するもの。ガイドラインは、ADAの学術誌であるDiabetes Care誌7月号に掲載された。

 ガイドラインでは、1型糖尿病の子供の場合、診断時年齢が12歳超(思春期以降)なら、脂質検査を行うよう推奨。12歳未満の場合は、両親に脂質代謝異常や若年での冠動脈疾患の既往がない限り、脂質検査を行う必要はないとした。

 一方の2型糖尿病では、診断時年齢に関わらず、脂質検査を行うべきとした。ただし、1型・2型糖尿病のいずれも、脂質検査は血糖コントロールが達成された後に行うよう注記している。

 至適脂質値は、米国心臓協会(AHA)などのガイドラインと同様、低比重リポ蛋白(LDL)コレステロール値が100mg/dl未満、高比重リポ蛋白(HDL)コレステロール値が35mg/dl超、トリグリセリド(中性脂肪)値が150mg/dl未満。至適値から外れる場合、脂質値に応じて適切な介入を行うべきとした。

 治療戦略はLDLコレステロール値別に3段階で提示されており、LDLコレステロール値が100〜129mg/dlの場合は、非薬物療法を行う。130〜159mg/dlでは、小児が10歳超なら薬物療法を考慮。160mg/dl以上では薬物療法を開始すべきとした。第一選択薬は陰イオン交換樹脂系の薬剤だが、このクラスの薬剤はコンプライアンス(服薬遵守率)が低いため、スタチン系薬も考慮すべきとしている。

 このガイドラインのタイトルは、「Management of Dyslipidemia in Children and Adolescents With Diabetes」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14