2003.07.10

ILCORが心停止から蘇生後の低体温療法を推奨

 国際蘇生法連絡委員会(ILCOR)は、心室細動(VF)による心停止から蘇生後、意識が戻らない成人に対し、低体温療法を行うよう推奨する勧告を行った。昨年New England Journal of Medicine(NEJM)誌に発表された二つの無作為化試験で、低体温療法群の神経学的予後が優れるとの結果が出たことを受けたもの。勧告文は、Circulation誌7月8日号と、Resuscitation誌6月号に掲載された。

 ILCORは、CPRなど心肺蘇生に関する施術について、世界的な標準を策定する組織。心停止から蘇生後の低体温療法に対しては、2000年に発表したガイドライン「Guidelines 2000 for Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care」で、十分なエビデンスがないとして判断を保留していた。

 今回の勧告では、欧州(NEJM;346,549,2002)とオーストラリア(NEJM;346,557,2002)から、低体温療法の有用性を示す無作為化試験結果が報告されたことを紹介。これらの試験結果に基づき、院外でVFによる心停止を起こしたが、自発循環を回復し、無意識状態が続いている成人患者に対しては、深部体温を12〜24時間、32〜34度に保つ低体温療法を行うよう推奨した。

 さらに、VF以外の不整脈による心停止についても、低体温療法が有用である可能性があると勧告した。低体温を保つ手法については、様々な方法があるものの、どの手法が優れるかは現時点では判断できないとしている。

 この勧告のタイトルは、「Therapeutic Hypothermia After Cardiac Arrest: An Advisory Statement by the Advanced Life Support Task Force of the International Liaison Committee on Resuscitation」。現在、こちらで全文を閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正