2003.07.08

【耳鼻咽喉科臨床学会速報】 シリコン板付きコラーゲンシート+褥創治療薬で鼓膜穿孔の効果的治療を実現 

 鼓膜に穴が開いて聴力が低下する穿孔性中耳炎に対し、シリコン板付きのコラーゲンシートを穿孔部に当てて周囲に褥創治療薬を滴下することで、短期間に鼓膜を再生(閉鎖)できる手法が開発された。手技が比較的容易で特殊な設備も不要のため、一般医療機関でも十分対応できるという。7月4日のポスターセッション「第9群 耳手術」で愛媛大学耳鼻咽喉科の白馬伸洋氏が発表、会場の注目を集めた。この発表は206題のポスター発表中2題に与えられる優秀ポスター賞を受賞した。

 白馬氏らは、穿孔性中耳炎で鼓膜に穿孔がある患者を治療群9人と対照群5人に分け、比較対照試験を試みた。穿孔部全周の瘢痕組織を取り除いたうえで、アテロコラーゲン(抗原性を除去したコラーゲン)とシリコン板の二重構造を持った皮膚カバー材を当て、治療群に対しては、褥創や皮膚潰瘍の治療に用いられるヒト線維芽細胞増殖因子(bFGF)製剤をコラーゲンに浸透するように滴下した。1日1回ずつ3日間の投与を1クールとし、1〜2週間間隔で複数回実施した。対照群には生理食塩水を同様の方法で投与した。

 その結果、対照群では5例中3例は閉鎖に至らず、聴力改善も平均4.1dB(0〜13.3dB)にとどまったのに対し、治療群9例では、平均3.7週間(1〜6週間)で全例鼓膜が閉鎖し、平均13.3dB(3.8〜26.7dB)の聴力改善が見られた。

 鼓膜再生には患者本人の筋膜を利用する方法もあるが、全身麻酔を要し、患者の負担が大きかった。白馬氏らの手法は外来で処置可能、コラーゲン板もシリコン板の支持があるため、高度な手技を必要としない。患者への負担は「治療初日に鼻をかむのをがまんしてもらう」程度でよいという。中耳炎による穿孔に悩む患者には朗報と言えそうだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13