2003.07.08

【耳鼻咽喉科臨床学会速報】 シリコン板付きコラーゲンシート+褥創治療薬で鼓膜穿孔の効果的治療を実現 

 鼓膜に穴が開いて聴力が低下する穿孔性中耳炎に対し、シリコン板付きのコラーゲンシートを穿孔部に当てて周囲に褥創治療薬を滴下することで、短期間に鼓膜を再生(閉鎖)できる手法が開発された。手技が比較的容易で特殊な設備も不要のため、一般医療機関でも十分対応できるという。7月4日のポスターセッション「第9群 耳手術」で愛媛大学耳鼻咽喉科の白馬伸洋氏が発表、会場の注目を集めた。この発表は206題のポスター発表中2題に与えられる優秀ポスター賞を受賞した。

 白馬氏らは、穿孔性中耳炎で鼓膜に穿孔がある患者を治療群9人と対照群5人に分け、比較対照試験を試みた。穿孔部全周の瘢痕組織を取り除いたうえで、アテロコラーゲン(抗原性を除去したコラーゲン)とシリコン板の二重構造を持った皮膚カバー材を当て、治療群に対しては、褥創や皮膚潰瘍の治療に用いられるヒト線維芽細胞増殖因子(bFGF)製剤をコラーゲンに浸透するように滴下した。1日1回ずつ3日間の投与を1クールとし、1〜2週間間隔で複数回実施した。対照群には生理食塩水を同様の方法で投与した。

 その結果、対照群では5例中3例は閉鎖に至らず、聴力改善も平均4.1dB(0〜13.3dB)にとどまったのに対し、治療群9例では、平均3.7週間(1〜6週間)で全例鼓膜が閉鎖し、平均13.3dB(3.8〜26.7dB)の聴力改善が見られた。

 鼓膜再生には患者本人の筋膜を利用する方法もあるが、全身麻酔を要し、患者の負担が大きかった。白馬氏らの手法は外来で処置可能、コラーゲン板もシリコン板の支持があるため、高度な手技を必要としない。患者への負担は「治療初日に鼻をかむのをがまんしてもらう」程度でよいという。中耳炎による穿孔に悩む患者には朗報と言えそうだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161