2003.07.08

ノバルティス、抗真菌薬「ラミシール」のスプレー剤を発売

 ノバルティス ファーマは7月7日、アリルアミン系抗真菌薬の塩酸テルビナフィン(商品名:ラミシール)の外用新剤型として、スプレー製剤「ラミシール スプレー」を発売した。水虫治療などに使われる外用の抗真菌薬は、市販薬ではスプレー製剤が多数発売されているが、医療用では初めて。

 「ラミシール」には内服の錠剤、外用のクリーム剤と液剤があり、今回発売されたスプレー剤は液剤と同一組成。適応症もクリーム剤・液剤と同じ(白癬、皮膚カンジダ症、癜風)で、1日1回使用する点も同じだが、スプレー剤には患部に直接触れずに薬液を広範囲に付けられる利点がある。

 薬価は1%1gが87.80円で、クリーム剤・液剤(1%1g58.80円)の約1.5倍。利便性と価格との兼ね合いが医師や患者にどう評価されるかが注目される。なお、塩酸テルビナフィンは昨年、一般用医薬品への転用(スイッチOTC)が承認されているが、一般用医薬品としての開発は未定だという。この件に関するノバルティス ファーマのニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0