2003.07.03

【SARS速報】 トロントも「最近の地域内伝播」が疑われる地域から外れる

 世界保健機関(WHO)は7月2日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の「最近の地域内伝播」が疑われる地域からカナダのトロントを外した。6月12日以降新たな患者の報告がなかったためで、これで「最近の地域内伝播」が疑われる地域は、台湾を残すのみとなった。

 カナダの累積患者数は7月2日現在で252人、そのうち死者は38人となっている。カナダのトロントはSARS感染が確認された当初から、「最近の地域内伝播」が疑われる地域に指定され、4月23日には渡航延期勧告も出されていた。

 その後、4月30日には渡航延期勧告が解除になり、5月14日には感染地域からもはずされた。

 しかし、5月26日、カナダは再流行という苦い経験をすることになる。5月2日の二人を最後に発生していなかったカナダから、同日8人の新規患者報告があり、制圧の失敗が明らかになった。そのうち死者は3人だった。このためWHOは同日、「最近の地域内伝播」が疑われる地域にカナダのトロントを再指定したのだった。

 この苦い経験は、他の国も共有すべきだろう。渡航延期勧告が出るとその地域の観光産業に大きな影響を与えるのは間違いない。長引けば航空産業をはじめ他の産業にも拡大しかねない。たとえば、初めて渡航延期勧告が出されたときの「トロント市長の怒りの会見」のように、当局側は産業への痛手を最小限にしたいがために制圧を急ぎがちとなる。そこに落とし穴が待ち受けていたのだ。

 感染指定地域から外れた今こそ、カナダには再流行の原因を検証し、その結果を公開する責任があると思う。

 WHOのリリースは、「Update 93」まで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0