2003.07.03

【SARS速報】 トロントも「最近の地域内伝播」が疑われる地域から外れる

 世界保健機関(WHO)は7月2日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の「最近の地域内伝播」が疑われる地域からカナダのトロントを外した。6月12日以降新たな患者の報告がなかったためで、これで「最近の地域内伝播」が疑われる地域は、台湾を残すのみとなった。

 カナダの累積患者数は7月2日現在で252人、そのうち死者は38人となっている。カナダのトロントはSARS感染が確認された当初から、「最近の地域内伝播」が疑われる地域に指定され、4月23日には渡航延期勧告も出されていた。

 その後、4月30日には渡航延期勧告が解除になり、5月14日には感染地域からもはずされた。

 しかし、5月26日、カナダは再流行という苦い経験をすることになる。5月2日の二人を最後に発生していなかったカナダから、同日8人の新規患者報告があり、制圧の失敗が明らかになった。そのうち死者は3人だった。このためWHOは同日、「最近の地域内伝播」が疑われる地域にカナダのトロントを再指定したのだった。

 この苦い経験は、他の国も共有すべきだろう。渡航延期勧告が出るとその地域の観光産業に大きな影響を与えるのは間違いない。長引けば航空産業をはじめ他の産業にも拡大しかねない。たとえば、初めて渡航延期勧告が出されたときの「トロント市長の怒りの会見」のように、当局側は産業への痛手を最小限にしたいがために制圧を急ぎがちとなる。そこに落とし穴が待ち受けていたのだ。

 感染指定地域から外れた今こそ、カナダには再流行の原因を検証し、その結果を公開する責任があると思う。

 WHOのリリースは、「Update 93」まで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96