2003.07.03

【SARS速報】 トロントも「最近の地域内伝播」が疑われる地域から外れる

 世界保健機関(WHO)は7月2日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の「最近の地域内伝播」が疑われる地域からカナダのトロントを外した。6月12日以降新たな患者の報告がなかったためで、これで「最近の地域内伝播」が疑われる地域は、台湾を残すのみとなった。

 カナダの累積患者数は7月2日現在で252人、そのうち死者は38人となっている。カナダのトロントはSARS感染が確認された当初から、「最近の地域内伝播」が疑われる地域に指定され、4月23日には渡航延期勧告も出されていた。

 その後、4月30日には渡航延期勧告が解除になり、5月14日には感染地域からもはずされた。

 しかし、5月26日、カナダは再流行という苦い経験をすることになる。5月2日の二人を最後に発生していなかったカナダから、同日8人の新規患者報告があり、制圧の失敗が明らかになった。そのうち死者は3人だった。このためWHOは同日、「最近の地域内伝播」が疑われる地域にカナダのトロントを再指定したのだった。

 この苦い経験は、他の国も共有すべきだろう。渡航延期勧告が出るとその地域の観光産業に大きな影響を与えるのは間違いない。長引けば航空産業をはじめ他の産業にも拡大しかねない。たとえば、初めて渡航延期勧告が出されたときの「トロント市長の怒りの会見」のように、当局側は産業への痛手を最小限にしたいがために制圧を急ぎがちとなる。そこに落とし穴が待ち受けていたのだ。

 感染指定地域から外れた今こそ、カナダには再流行の原因を検証し、その結果を公開する責任があると思う。

 WHOのリリースは、「Update 93」まで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正