2003.07.03

CDCがげっ歯動物にサル痘ウイルスを確認、4月にガーナから輸入

 米国疾病対策センター(CDC)は7月2日、アフリカから輸入したげっ歯類から、サル痘ウイルスが確認されたと発表した。このげっ歯類は、今年4月9日にガーナから米国に輸入されたもので、ガンビア・ジャイアントラット1匹とヤマネ3匹、ロープリス2匹。これらが、今回の米国でのサル痘流行の原因と考えられている。CDCは、これらげっ歯類と一緒に輸入された全ての動物と、感染が疑われる動物と接触したプレーリードッグを、隔離して安楽死させることを勧告した。

 CDCなどはこれまでに、32人のサル痘感染者を確認している。これを含め、サル痘の疑い例と可能性例は合わせて81人に上るという。

 サル痘は、主に中央アフリカや西アフリカの雨林地域で見られ、今回の米国での流行は、西半球では初めてとされている。CDCは、サル痘によるアフリカでの死亡率は感染者の1〜10%程度だが、米国での死亡率はそれより低いと予測している。なお、CDCは6月11日、サル痘に感染する可能性が高いと考えられる人に対し、天然痘ワクチンの投与を行うよう勧告した。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。また、サル痘に関する情報は、http://www.cdc.gov/ncidod/monkeypox/index.htmまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79