2003.07.03

CDCがげっ歯動物にサル痘ウイルスを確認、4月にガーナから輸入

 米国疾病対策センター(CDC)は7月2日、アフリカから輸入したげっ歯類から、サル痘ウイルスが確認されたと発表した。このげっ歯類は、今年4月9日にガーナから米国に輸入されたもので、ガンビア・ジャイアントラット1匹とヤマネ3匹、ロープリス2匹。これらが、今回の米国でのサル痘流行の原因と考えられている。CDCは、これらげっ歯類と一緒に輸入された全ての動物と、感染が疑われる動物と接触したプレーリードッグを、隔離して安楽死させることを勧告した。

 CDCなどはこれまでに、32人のサル痘感染者を確認している。これを含め、サル痘の疑い例と可能性例は合わせて81人に上るという。

 サル痘は、主に中央アフリカや西アフリカの雨林地域で見られ、今回の米国での流行は、西半球では初めてとされている。CDCは、サル痘によるアフリカでの死亡率は感染者の1〜10%程度だが、米国での死亡率はそれより低いと予測している。なお、CDCは6月11日、サル痘に感染する可能性が高いと考えられる人に対し、天然痘ワクチンの投与を行うよう勧告した。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。また、サル痘に関する情報は、http://www.cdc.gov/ncidod/monkeypox/index.htmまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正