2003.07.03

CDCがげっ歯動物にサル痘ウイルスを確認、4月にガーナから輸入

 米国疾病対策センター(CDC)は7月2日、アフリカから輸入したげっ歯類から、サル痘ウイルスが確認されたと発表した。このげっ歯類は、今年4月9日にガーナから米国に輸入されたもので、ガンビア・ジャイアントラット1匹とヤマネ3匹、ロープリス2匹。これらが、今回の米国でのサル痘流行の原因と考えられている。CDCは、これらげっ歯類と一緒に輸入された全ての動物と、感染が疑われる動物と接触したプレーリードッグを、隔離して安楽死させることを勧告した。

 CDCなどはこれまでに、32人のサル痘感染者を確認している。これを含め、サル痘の疑い例と可能性例は合わせて81人に上るという。

 サル痘は、主に中央アフリカや西アフリカの雨林地域で見られ、今回の米国での流行は、西半球では初めてとされている。CDCは、サル痘によるアフリカでの死亡率は感染者の1〜10%程度だが、米国での死亡率はそれより低いと予測している。なお、CDCは6月11日、サル痘に感染する可能性が高いと考えられる人に対し、天然痘ワクチンの投与を行うよう勧告した。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。また、サル痘に関する情報は、http://www.cdc.gov/ncidod/monkeypox/index.htmまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180