2003.07.03

ILCOR勧告が改訂、1〜8歳の小児へのAED使用を容認

 国際蘇生法連絡委員会(ILCOR)はこのほど、小児への自動体外式除細動器(AED)使用に関する勧告を改訂した。1〜8歳までの小児に対し、1分間心肺蘇生術(CPR)を施しても循環が回復しないことを確認した上で、AEDを使用してもよいとするもの。米国では2年前から1〜8歳の小児向けAEDが市販されており、これを追認する形となった。改訂勧告は、米国心臓協会(AHA)の学術誌であるCirculation誌7月1日号のほか、Pediatrics誌7月号、Resuscitation誌6月号に掲載された。

 ILCORは、CPRなど心肺蘇生に関する施術について、世界的な標準を策定する組織。小児へのAED使用に関しては、2000年に発表した勧告で、8歳未満への使用は勧められないとしていた。

 改訂勧告では、前回勧告時にはなかった、8歳以下の小児向けに放電量を減らしたAEDが既に市販されたことを指摘。AEDに組み込まれた自動心電計では小児の頻拍を心室細動と誤診する恐れは依然残るものの、小児用の解析プログラムを搭載したAEDであれば、1〜8歳の小児に使用してもよいとした。

 ただし、AEDを使用する前には、少なくとも1分間はCPRを行うよう勧告。また、1歳未満の小児については、AEDの使用の可否を判断するだけのエビデンスが不足しているとしている。

 この勧告のタイトルは、「Use of Automated External Defibrillators for Children: An Update: An Advisory Statement From the Pediatric Advanced Life Support Task Force, International Liaison Committee on Resuscitation」。現在、こちらで全文を閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。この件に関するAHAのニュース・リリースは、こちらまで。2001年5月に発表された、小児向けAED装置の承認に関する米国食品医薬品局(FDA)のニュース・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256