2003.06.18

【SARS速報】 外来診療受け入れ医療機関は全国527病院、日本医師会が調査結果を発表

 日本医師会は6月17日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の初期外来診療について、都道府県別の対応状況を公表した。都道府県医師会に対するアンケートに基づく6月3日時点の調査結果で回答率は100%だという。

 一般市民からの電話による初期対応では、福井県を除く46都道府県が保健所で対応している。ほかに、SARS専門の行政窓口で対応しているのが、東京都、神奈川県などの14件、感染症指定医療機関など特定の医療機関で対応しているのが17件、一般医療機関で対応しているのが31件となっている。なお、福井県では、県健康福祉センターで集中対応する体制をとっている。

 外来診療を受け入れる医療機関は全国で527施設。最も多いのが市町村立病院で131カ所、ついで日赤、済生会、厚生連、労災病院などの106カ所、県立病院66カ所、国立病院48カ所などとなっている。これらの受け入れ医療機関を市民に公表しているのは30件で、医療機関または医師会だけに通知しているのが13件、非公表が2件などとなっている。

 一方、一般医療機関の感染予防体制の整備に対して、都道府県が補助金を出しているのは、島根県のみ。都道府県医師会が何らかの対応をしているのが9件で、37件では医療機関の独自対応のみとなっている。

 日本医師会が発表した本件のプレスリリースはこちらまで(PDF形式)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2