2003.06.18

インスリン経口投与に1型糖尿病の予防効果なし、DPT-1の「経口インスリン試験」が結果発表

 米国国立衛生研究所(NIH)は6月15日、関連機関の米国国立糖尿病・消化器・腎臓病研究所(NIDDK)が実施してきた1型糖尿病の予防介入試験「DPT-1」(Diabetes Prevention Trial-Type 1)で、経口インスリンに1型糖尿病の予防効果が認められないとの結果が出たと発表した。研究結果は、現在米国New Orleansで開催中の米国糖尿病協会(ADA)年次集会で報告された。

 「DPT-1」試験は二つの介入試験で構成されているが、うち低用量のインスリン注射による予防試験(インスリン注射試験)は既に完了し、予防効果がないとの結果が出ている(NEJM;346,1685,2002)。今回の「経口インスリン試験」もネガティブだったことで、欧州の「ENDIT」(European Nicotinamide Diabetes Intervention Trial、関連トピックス参照)も含め、1型糖尿病予防効果を見る主要な3試験はすべて「効果なし」との結果になった。

 「DPT-1」の経口インスリン試験の対象は、家族歴や免疫・代謝検査から、5年以内の1型糖尿病発症リスクが中等度(25〜50%)と見積もられた372人。無作為に2群に分け、インスリン結晶7.5mgを含有するカプセル製剤またはプラセボを1日1回服用して、糖尿病発症率の違いを調べた。参加者の年齢は3〜45歳で、中央値は10歳。平均追跡期間は4.5年だった。

 その結果、両群とも約35%の人が、追跡期間内に1型糖尿病を発症。1年発症率は両群ともほぼ7.2%と変わらず、経口インスリン製剤に1型糖尿病の発症予防効果は認められなかった。なお、経口インスリンに起因する副作用も特に生じなかったという。

 NIDDKでは今後、「DPT-1」両試験で得られたデータの解析を進め、自己免疫による膵細胞破壊の抑制などに基づく新たな予防介入試験を行う予定で、今秋にも「Type 1 Diabetes TrialNet」を通して患者登録を開始する。

 今回発表された、DPT-1の「経口インスリン試験」に関するNIHのプレス・リリースはこちら、DPT-1の「インスリン注射試験」に関するNIHのプレス・リリースはこちらまで。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.9.3 EASD学会速報】ニコチンアミドは1型糖尿病の発症を予防するか−−注目のENDIT試験の結果が発表

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33