2003.06.16

ESH/ESCの欧州版高血圧GLが発表、「高血圧前症」を用いず旧来通りの血圧分類を採用

 欧州高血圧学会(ESH)は6月13日、現在イタリアMilanoで開催中の第13回学術集会で、欧州心臓病学会(ESC)と共同で策定した高血圧診療ガイドラインを発表した。5月14日発表された米国のガイドライン(JNC7、関連トピックス参照)で採用、大きな注目を集めた「高血圧前症」という概念を採用せず、さらに一律治療ではなく「個々人のリスクに基づく治療」を打ち出すなど、米国のガイドラインとは大きく異なるものとなった。ガイドラインの全文は、ESHの学術誌であるJournal of Hypertension誌6月号に掲載された。

 ESH/ESCはこれまで、世界保健機関(WHO)/国際高血圧学会(ISH)が策定した高血圧ガイドラインをほぼそのまま受け入れる形で、高血圧を含む心血管疾患のリスク管理ガイドラインを策定してきた。高血圧管理だけを取り上げた独自のガイドラインを策定するのは今回が初めてで、欧州の「対米独自路線」が一層際立った形となった。

 ESH/ESCガイドラインで採用された血圧分類は、120/80mmHg未満を「至適」、120〜129/80〜84mmHgを「正常」、130〜139/85〜89mmHgを「正常高値」とし、140/90mmHg以上の「高血圧」を3段階(グレード1〜3)に分けるというもの。「正常、高血圧前症、ステージ1、ステージ2」の4段階で分類するJNC7とは異なり、WHO/ISHのガイドラインや米国の旧ガイドライン(JNC6)と同じ6段階分類を採用した。

 さらに、WHO/ISHガイドラインにある「収縮期高血圧」(収縮期140mmHg以上、拡張期90mmHg未満)との概念も、ESH/ESCガイドラインにそのまま踏襲された。しかし、WHO/ISHガイドラインで設けられた、二つの「境界型高血圧」(「グレード1高血圧」では収縮期140〜149mmHgまたは拡張期90〜94mmHg、「収縮期高血圧」では収縮期140〜149mmHgかつ拡張期90mmHg未満)との概念は採用されず、WHO/ISHガイドラインよりは簡略化された分類となった。

治療戦略はリスク評価に基づき選択、リスクの層別化は「正常」血圧でも実施

 治療に関しては、血圧値のみに基づく一律治療を打ち出したJNC7とは異なり、患者の心血管疾患リスクを評価した上で、リスクに応じた治療方針を取るよう推奨した。具体的には、血圧分類と危険因子の数・種類、合併症に応じ、「平均リスク(追加リスクなし)、(追加)低リスク、(追加)中リスク、(追加)高リスク、(追加)超高リスク」の5段階で評価する。

 リスクの層別化に用いるチャートは、縦軸に危険因子の数・種類や合併症、横軸に血圧分類を用いた形式で、WHO/ISHガイドラインや米国の旧ガイドライン(JNC6)で採用されたものと同じ形。縦軸は1.他に危険因子なし、2.危険因子が1〜2個、3.危険因子が3個以上または標的臓器障害、糖尿病あり、4.心血管系の合併症あり−−の4段階で、これはWHO/ISHガイドラインと全く同じだ。

 WHO/ISHガイドラインと異なるのは、リスクの層別化を行う血圧値を、「高血圧」だけでなく「正常高値」や「正常」にまで拡張したこと。その結果、横軸はWHO/ISHガイドラインの3段階(高血圧グレード1〜3)に、「正常高値」と「正常」を加えた5段階となった。

 また、チャートに表出する「低リスク」「高リスク」などのリスクの絶対値については、米国の「Framinghamスコア」による冠動脈疾患(CHD)の10年予測発症率に加え、欧州の「SCORE」チャート(関連トピックス参照、論文は近くESCの学術誌であるEuropean Heart Journal誌に掲載予定)による心血管疾患(CVD)の10年予測死亡率に言及。“絶対リスクの低減”を考慮した治療戦略の重要性を強調している。

 なお、治療薬の選択に関しては、WHO/ISHガイドラインと同様、α遮断薬を含む全ての降圧薬を一律に推奨。降圧薬の種類別に「使用が望ましい病態」(conditions favouring the use)と禁忌とを提示し、どの薬を採用するかは医師の判断に任せるなど、利尿薬を第一選択薬としたJNC7とは大きく異なる印象となった。

 このガイドラインのタイトルは、「2003 European Society of Hypertension - European Society of Cardiology guidelines for the management of arterial hypertension」。現在、ESHホームページのこちらから、全文をダウンロードできる。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.5.15 米JNCが高血圧ガイドラインを改訂、血圧120〜139/80〜89mmHgを「高血圧前症」に
◆2002.6.26 欧州の新リスク層別化チャート「SCORE」、CAD死亡率ベースでリスク評価にT-chol/HDL比を採用

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161