2003.06.11

「高齢化率」より「人口増加率」が医師数のニーズを決める−−加研究

 年を取ると誰でも病気になりやすくなるから、高齢化社会の到来で医療ニーズが増え、医師不足はますます加速する−−。一般に信じられているこの「神話」が、実は正確ではないことが、カナダで行われた研究から明らかになった。研究者らの推計によると、医師需要を決める要因として比重が大きいのは、高齢者数よりも総人口。今後最も需要が大きくなる診療科は胸部外科だという。研究結果は、Canadian Medical Association Journal(CMAJ)誌6月10日号に掲載された。

 この研究を行ったのは、カナダMcMaster大学経済学部のFrank T. Denton氏ら。Denton氏らは、Ontario州の健康保険組合のデータから、医師が患者の診察にかける時間を、診療科や患者の年齢別に推計。このデータを過去30年間の年齢階級別人口と、今後30年間の予測年齢階級別人口に当てはめ、医師全体の需要増加率や、今後最も需要が増える診療科を予測した。

 その結果、一般に考えられている通り、人は高齢になるほど受診機会が増え、医師が診察にかける時間も増加することが判明。30歳の時と比べ、80歳になると女性では2倍、男性では4倍、医師の診察時間が長くなることがわかった。過去30年間で医師全体の需要は72%増加した。

 ところが、医師需要の増加は主に人口の増加によるものであり、高齢者の増加ではないことも明らかになった。高齢者比率は増えるが、人口の伸びが鈍化する今後30年間では、医師全体の需要は50%程度しか増えないとの予測になった。

 診療科別でみた場合、需要がマイナスに転じる科はないが、小児科(需要増8%)、産婦人科(18%)と精神科(26%)の需要の伸びは平均を大きく下回る。逆に、胸部外科(90%超)、眼科(86%)と泌尿器科(80%)は需要の伸びが平均を大きく上回り、「将来有望な診療科」とみなせることがわかった。

 厚生労働省社会保障・人口問題研究所の予測では、わが国では2007年をピークに人口が減少に転じる(「日本の将来推計人口」)。2002年国勢調査によると、日本の人口の伸びは年率0.2%で、カナダの年率4%(カナダ国勢調査、2001年)を大きく下回る。日本の医師需要は今後どのように変動し、何科のニーズが高いのか−−。「人口減少下での高齢化社会」を一足先に迎えるわが国でこそ、こうした研究は急務の課題ではないだろうか。

 この論文のタイトルは、「Requirements for physicians in 2030: Why population aging matters less than you may think」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176