2003.06.06

プロ・テクト、ベッドサイドTVとインターネットを融合させた「MediClient」発売

 マルチメディア端末のメーカーであるプロ・テクトは5月28日、ベッドサイドのテレビとパソコン、インターネットを融合させた新たな院内専用端末「MediClient」を発売した。最近はベッドサイドでインターネットを利用したり、電子メールを出したりできる情報端末を導入する病院が少なくないが、プロ・テクトの新製品はこれに液晶テレビを融合させたところに新味がある。今年度中に5000台の導入、約13億円の売上を目指すという。

 MediClientの主な特徴は、1.15インチの液晶を採用し省スペースを実現した、2.タッチパネルの導入でパソコン初心者でも使いやすくした、3.ハードディクスを持たず、またファンを必要としない構造のため、メンテナンスが楽になる、4.院内のイントラネット用とインターネットを区分けし、セキュリティを高めた、など。

 最大の特徴は、電源のオン、オフが家電感覚でできる点。パソコンのイメージでは、電源のオン、オフに手間取ることが少なくない。家電感覚で操作ができるため、看護師らの余分な手間をかけることはないという。

 このほか、手書きのメールが送れる機能も備え、患者サービス向上を狙う病院ニーズに応える製品構成を目指している。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256