2003.06.06

プロ・テクト、ベッドサイドTVとインターネットを融合させた「MediClient」発売

 マルチメディア端末のメーカーであるプロ・テクトは5月28日、ベッドサイドのテレビとパソコン、インターネットを融合させた新たな院内専用端末「MediClient」を発売した。最近はベッドサイドでインターネットを利用したり、電子メールを出したりできる情報端末を導入する病院が少なくないが、プロ・テクトの新製品はこれに液晶テレビを融合させたところに新味がある。今年度中に5000台の導入、約13億円の売上を目指すという。

 MediClientの主な特徴は、1.15インチの液晶を採用し省スペースを実現した、2.タッチパネルの導入でパソコン初心者でも使いやすくした、3.ハードディクスを持たず、またファンを必要としない構造のため、メンテナンスが楽になる、4.院内のイントラネット用とインターネットを区分けし、セキュリティを高めた、など。

 最大の特徴は、電源のオン、オフが家電感覚でできる点。パソコンのイメージでは、電源のオン、オフに手間取ることが少なくない。家電感覚で操作ができるため、看護師らの余分な手間をかけることはないという。

 このほか、手書きのメールが送れる機能も備え、患者サービス向上を狙う病院ニーズに応える製品構成を目指している。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3