2003.05.30

【SARS速報】 国立感染研、SARS関連増員は全員公募

 重症急性呼吸器症候群(SARS)への対応迅速化などを目指して、国立感染症研究所や検疫所などの増員が決まったが、このうち国立感染症研究所では、ウイルス研究者3人と疫学研究者6人の計9人をすべて公募で補う。募集したのは、ウイルス第一部と第三部の主任研究官とウイルス第三部第五室研究員各1人と、感染症情報センター主任研究官6人。いずれも医大卒業後8年以上の医師、または学位(博士)取得者で、それぞれの分野の豊富な実績を求めている。

 ウイルス第一部と第三部の採用研究者の業務は、SARSの原因究明、病原検索、予防・治療法の開発、ウイルス検査など。また、感染症情報センターの採用は疫学研究者が対象で、調査・研究、人材育成、国際協力などを担当する。ただし、公募期間は5月27日から5月30日までのわずか4日間、採用は6月23日(ウイルス第三部第五室研究員だけは公募期間が5月27日〜6月11日、採用が7月1日)というあわただしいものだ。

 募集の詳細はこちらまで。(中沢真也)

■ 関連トピックス ■
◆2003.05.28 国立感染研、SARS関連の増員体制を決定 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13