2003.05.28

三共、週1回投与タイプのインフルエンザ薬開発で豪Biota社と提携

 三共は5月27日、豪州Biota社と、長時間作用型の抗インフルエンザウイルス薬の共同事業化で合意したと発表した。Biota社は、抗インフルエンザウイルス薬のザナミビル(商品名:リレンザ)を開発、英国GlaxoSmithKline(GSK)社に導出したことで知られる医薬ベンチャー。両社はそれぞれ独自に長時間作用型抗インフルエンザウイルス薬を開発しており、今後は特許の相互ライセンスなどを通し事業化を進める。

 三共が開発した候補薬「R-118958」は、既に欧州で第1相試験を実施しており、Biota社が開発した候補薬「Flunet」は前臨床段階。いずれも、細胞内で増殖したインフルエンザウイルスが体内で拡散する際の鍵酵素、ノイラミニダーゼに対する阻害薬で、1回の投与で効果が1週間持続することが特徴だ。

 ノイラミニダーゼ阻害薬は、既にザナミビルとオセルタミビル(商品名:タミフル)が市販されているが、いずれも1日2回5日間の吸入・服用が必要。週1回の投与で済めば、治療だけでなく予防的な使用にもメリットが大きい。

 三共によると、両社は今後「R-118958」を第一の開発候補化合物、「Flunet」をバックアップ化合物として、開発・商業化を行う導出先選定などを行う。Biota社によると、「R-118958」は2004年にも第2相試験を開始するという。この件に関する三共のニュース・リリースはこちら(PDF形式)、Biota社のニュース・リリースはこちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  2. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:21
  3. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:141
  4. 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』最終案… リポート◎冠動脈疾患の発症を重視した動脈硬化治療の新指針 FBシェア数:264
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  6. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  9. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:43