2003.05.28

三共、週1回投与タイプのインフルエンザ薬開発で豪Biota社と提携

 三共は5月27日、豪州Biota社と、長時間作用型の抗インフルエンザウイルス薬の共同事業化で合意したと発表した。Biota社は、抗インフルエンザウイルス薬のザナミビル(商品名:リレンザ)を開発、英国GlaxoSmithKline(GSK)社に導出したことで知られる医薬ベンチャー。両社はそれぞれ独自に長時間作用型抗インフルエンザウイルス薬を開発しており、今後は特許の相互ライセンスなどを通し事業化を進める。

 三共が開発した候補薬「R-118958」は、既に欧州で第1相試験を実施しており、Biota社が開発した候補薬「Flunet」は前臨床段階。いずれも、細胞内で増殖したインフルエンザウイルスが体内で拡散する際の鍵酵素、ノイラミニダーゼに対する阻害薬で、1回の投与で効果が1週間持続することが特徴だ。

 ノイラミニダーゼ阻害薬は、既にザナミビルとオセルタミビル(商品名:タミフル)が市販されているが、いずれも1日2回5日間の吸入・服用が必要。週1回の投与で済めば、治療だけでなく予防的な使用にもメリットが大きい。

 三共によると、両社は今後「R-118958」を第一の開発候補化合物、「Flunet」をバックアップ化合物として、開発・商業化を行う導出先選定などを行う。Biota社によると、「R-118958」は2004年にも第2相試験を開始するという。この件に関する三共のニュース・リリースはこちら(PDF形式)、Biota社のニュース・リリースはこちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335