2003.05.27

【SARS速報】 東京都がSARS対応要領を策定、可能性例なら直ちに学校閉鎖

 東京都は5月26日、学校で重症急性呼吸器症候群(SARS)患者が発生した場合、「可能性例」なら、学校長権限で直ちに学校閉鎖とすることなど、学校内や国内でSARS感染が発生した場合の対応について定めた「東京都教育委員会SARS対応要領」を策定し、都立学校と市町村教育委員会に通知した。

 東京都では、すでに5月6日、SARS流行地域からの帰国児童・生徒、教員に対して、1.一律に10日間の出席停止、または自宅待機、2.流行地域への渡航の自粛要請、3.プライバシーの配慮、待機者への学習指導上の配慮−−などを決めている。これに加えて、国内で患者が発生した場合に、学校、および東京都が実施すべき対策を規定している。今回の対応要領は、国内や学校内で患者が発生した場合を想定し、学校や教育委員会、東京都がとる対応を規定したもの。

 これによると、学校で児童・生徒、教職員に疑い例の患者が発生した場合には、SARSでないと判明するまで自宅待機とする。また、可能性例、またはSARS患者が発生した場合には、学校長権限で直ちに学校閉鎖とする。また、都内でSARS患者が発生した場合には、教職員、児童・生徒の通勤・通学経路を把握し、接触の可能性がある場合は、保健所への相談や健康診断の受診を勧める、などとしている。

 また、東京都教育庁は、都内の特定区域、あるいは都内全域でSARS患者が多発している場合など、状況に応じて学校の一斉閉鎖を検討するなどとしている。

 東京都教育委員会SARS対応要領のプレスリリースと概要、要領全文は、こちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13