2003.05.26

【糖尿病学会速報】 2型糖尿病患者の肥満度に日米で大差、JDCSの中間報告から

 1996年に開始された2型糖尿病患者に対するライフスタイル介入の有効性を検討する厚生省(当時)班研究の「Japan Diabetes Complcations Study(JDCS)」の中間報告で、患者の肥満度が非常に軽く、一般人口と大差ないこと、開始5年間で、介入群のHbA1cがわずかだが非介入群に比べて有意に低くなったことなどが報告された。5月23日に開催された糖尿病学会学術集会の一般口演の「疫学、統計、死因1」で筑波大学内科の曽根博仁氏が発表した。

 日本人の2型糖尿病患者の肥満度は、白人の2型糖尿病患者だけを対象とした英国の前向き調査(UK Prospective Diabetes Study)参加者に比べて、極めて低く、一般人口の平均値と大差ないことを明らかにした。JDCS開始時の参加者の平均BMIは23.1で、一般人口の平均である22.7とほとんど変わりなかった。これに対してUKPDS参加9年目の白人患者のBMI平均値は29.5で、日本人患者と比較して大幅に高いのはもちろん、英国の一般人口の平均値である24.1と比較しても5以上も高く、病態の背景が大きく異なる可能性を指摘した。

 虚血性心疾患の発症リスクは、久山町研究コホートが5.0(1000人年あたりの発症数)であるのに対して6.7とやや高く、曽根氏は、「UKPDSの17.4(介入群)にはまだ差があるものの、しだいに欧米に近づいてくるのではないか」と推測していた。

 ライフスタイル介入の効果については、JDCS開始後6年間のうち、2、3、4、5年目には介入群と非介入群でHbA1c値の有意差が見られた。ただし、両者の差は最大で0.2%程度とわずかしかなかった。これについては、「対象が糖尿病専門施設の患者であり、非介入群でも必然的に教育などが行われる。このため、非介入群でもHbA1cが低下しており、(両群の比較では介入群の)過小評価をしている可能性が高い」(曽根氏)としていた。

 JDCSは全国59カ所の糖尿病専門施設の外来に通院中の2型糖尿病患者2205人を対象とした前向き研究で、無作為抽出により、介入群にはライフスタイル変容を目指して、電話指導や資料送付などの強化療法を、非介入群には従来の外来治療を継続している。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:144
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:96
  5. 貯金?最悪!元本保証の呪縛から解き放たれよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  6. 「落ちこぼれ研修医が後輩に対してメンツを保つには… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  7. 新専門医制度、8月の専攻医募集開始に向け運用細則… 大都市の5都府県は定員に上限 FBシェア数:54
  8. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  9. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1837