2003.05.23

【SARS速報】 国立感染研、家庭でできるSARSウイルスの消毒指針を改訂

 国立感染症研究所は5月15日、4月に公表した急性重症呼吸器症候群(SARS)が疑われる、あるいは可能性がある患者が発生した場合の家庭や職場で実施できる消毒法指針を改訂した。SARSコロナウイルスに対する消毒剤の適用(例、5月22日改訂)を追加したほか、「感染経路が完全には解明されていないことなど」を考慮し、「疑い例」「可能性例」の患者に関連した家庭や職場での消毒を行う場合は、「医療機関での対応に準じることが望ましい」との見解を示した。具体的には、N95マスク(最低限)、手袋(両手)、ゴーグル、使い捨てガウン、エプロン、汚染除去可能な履物で個人的な防御を行った上で行うことが望ましいとした。

 指針は、1.家庭や職場、2.職場や集合住宅の共用部分−−の2部構成。ドアノブや照明のスイッチ、コンピューターのキーボード・マウス、水道の蛇口、エレベーターのボタンなど、SARSが疑われる患者の手が触れた可能性が高い場所を中心に消毒するよう勧めている。

 消毒には、家庭用の塩素系漂白剤(商品名:ハイター、ブライトなど)を薄めて使用。通常の場所は100倍、特に手などが触れる部分には50倍に希釈して用いる。衣類や寝具などは、熱湯消毒してから洗濯機で洗う。

 詳しくは、国立感染症研究所ホームページの「家庭・職場における消毒の指針」まで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7