2003.05.23

【SARS速報】 国立感染研が疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例を改訂、5版に

 国立感染症研究所感染症情報センターは5月22日、重症急性呼吸器疾患(SARS)の疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例で改訂版(5版)を掲載した。このガイドラインは、「疑い例」の外来での管理、「可能性例」の管理、「疑い例」や「可能性例」との接触者の管理と、それぞれの項目ごとに詳細に解説したもの。今改訂では、「『疑い例』、『可能性例』との接触者の管理と追跡調査」の中に、新たに「医療従事者の管理」が加わった。「適切な個人防御を取らずに接触した職員は、接触後10日間自宅隔離」と明記。適切な個人防御を取って接触した職員は、「通常通り業務に就いて差し支えない」とし、「患者と接触後10日間は十分健康に注意し、もしこの間に異常があれば適切な対応をとる」よう求めている。

 追加になったのは次の部分。

 SARSの「疑い例」あるいは「可能性例」の患者に適切な個人防御を取らずに接触した職員は、接触後10日間自宅隔離する。有効な個人防御用具(SARSの院内感染対策参照)を用いて対策を取った上で診療を行った職員は、通常通り業務に就いて差し支えないが、患者と接触後10日間は十分健康に注意し、もしこの間に異常があれば適切な対応をとる。

 詳しくは、感染情報センターのこちらまで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:319
  2. インフルエンザ治癒証明に意義なし REPORT FBシェア数:983
  3. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:6
  4. 最悪の事態は油断とともにやってくる 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  5. 時代とともに失われたナースのスキル 病院珍百景 FBシェア数:23
  6. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:70
  7. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:225
  8. 血糖管理はHbA1cを見るだけでは不十分 リポート◎糖尿病の新管理指標「血糖トレンド」に注目集まる FBシェア数:855
  9. 「無診察リハ」で2年分の診療報酬を自主返還 クリニック事件簿 FBシェア数:287
  10. 放射線アブレーションによる心室頻拍治療 NEJM誌から FBシェア数:61
医師と医学研究者におすすめの英文校正