2003.05.23

【SARS速報】 国立感染研が疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例を改訂、5版に

 国立感染症研究所感染症情報センターは5月22日、重症急性呼吸器疾患(SARS)の疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例で改訂版(5版)を掲載した。このガイドラインは、「疑い例」の外来での管理、「可能性例」の管理、「疑い例」や「可能性例」との接触者の管理と、それぞれの項目ごとに詳細に解説したもの。今改訂では、「『疑い例』、『可能性例』との接触者の管理と追跡調査」の中に、新たに「医療従事者の管理」が加わった。「適切な個人防御を取らずに接触した職員は、接触後10日間自宅隔離」と明記。適切な個人防御を取って接触した職員は、「通常通り業務に就いて差し支えない」とし、「患者と接触後10日間は十分健康に注意し、もしこの間に異常があれば適切な対応をとる」よう求めている。

 追加になったのは次の部分。

 SARSの「疑い例」あるいは「可能性例」の患者に適切な個人防御を取らずに接触した職員は、接触後10日間自宅隔離する。有効な個人防御用具(SARSの院内感染対策参照)を用いて対策を取った上で診療を行った職員は、通常通り業務に就いて差し支えないが、患者と接触後10日間は十分健康に注意し、もしこの間に異常があれば適切な対応をとる。

 詳しくは、感染情報センターのこちらまで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:201
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:569
  3. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  4. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  6. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:92
  7. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:213
  8. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  9. ガイドライン外来診療◆不眠症 ガイドライン外来診療 FBシェア数:2
  10. 流行ウイルスはAH3? それともAH1pdm09… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:163