2003.05.23

【SARS速報】 国立感染研が疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例を改訂、5版に

 国立感染症研究所感染症情報センターは5月22日、重症急性呼吸器疾患(SARS)の疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例で改訂版(5版)を掲載した。このガイドラインは、「疑い例」の外来での管理、「可能性例」の管理、「疑い例」や「可能性例」との接触者の管理と、それぞれの項目ごとに詳細に解説したもの。今改訂では、「『疑い例』、『可能性例』との接触者の管理と追跡調査」の中に、新たに「医療従事者の管理」が加わった。「適切な個人防御を取らずに接触した職員は、接触後10日間自宅隔離」と明記。適切な個人防御を取って接触した職員は、「通常通り業務に就いて差し支えない」とし、「患者と接触後10日間は十分健康に注意し、もしこの間に異常があれば適切な対応をとる」よう求めている。

 追加になったのは次の部分。

 SARSの「疑い例」あるいは「可能性例」の患者に適切な個人防御を取らずに接触した職員は、接触後10日間自宅隔離する。有効な個人防御用具(SARSの院内感染対策参照)を用いて対策を取った上で診療を行った職員は、通常通り業務に就いて差し支えないが、患者と接触後10日間は十分健康に注意し、もしこの間に異常があれば適切な対応をとる。

 詳しくは、感染情報センターのこちらまで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正