2003.05.22

リビングプロシード、生活習慣病や性感染症などの検査キットをマツキヨで発売

 フジサンケイグループのリビングプロシードは5月22日から、生活習慣病や性感染症などの検査キット「デメカル・ヘルスサポート」を、大手薬局のマツモトキヨシで発売すると発表した。いわゆる郵送健診形式で、血液や分泌液を自己採取した後、返送すると、検査結果が郵便と電子メールで届く。

 「デメカル・ヘルスサポート」は会員制の健康サポートサービスと位置付けられており、特徴は、検査結果を同社が提携するNTTデータが保存・管理すること。検査値をメールで受け取れるだけでなく、継続会員になれば、検査値の推移をインターネットで確認できる。

 今回発売される検査キットは、1.生活習慣病(生化学12項目定量)、2.働く女性のための栄養バランス(生化学6項目定量、女性専用)、3.前立腺癌(前立腺特異抗原(PSA)測定、男性専用)、4.C型肝炎(抗ヒトC型肝炎ウイルス(HCV)抗体検査)、5.STD-I性感染症 クラミジア(クラミジア抗原検査、女性専用)、6.STD-II感染症 HIV(抗ヒト免疫不全ウイルス(HIV)抗体検査)−−の6種類。検体はクラミジア抗原検査が分泌液で、その他は血液。血液検査は医療機器ベンチャーのリージャーが開発した超微量即時血漿分離方式で行う。

 キット価格は3800〜4800円(税別)で、健康サポートサービスの会員権と採血法説明ビデオが附属する。STD検査に関しては、検査結果を電子メールのみで受け取ることも可能。同社は今後、糖尿病や骨粗鬆症についても検査キットを発売する予定だ。詳しくは、デメカル・ヘルスサポートのホームページへ。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13