2003.05.19

FDA、3時間で結果の出るアスペルギルス症の診断テストを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は5月16日、約3時間で結果の出るアスペルギルス症の診断テスト「Platelia Aspergillus EIA」を承認した。従来の標準的な培養試験では、結果を得るまでに最低4週間を要していた。

 侵食性アスペルギルス症は、白血病や臓器・骨髄移植を受けた人や、化学療法などにより免疫不全状態の人に起こり、死に到ることもある真菌感染症。感染を迅速に見極めることで、抗真菌薬による治療を早期に開始することができる。

 治験では、170人の被験者から採取した、1890の血液試料について調べた。その結果、感受性は80.7%で、特異性は89.2%だった。米国では、侵食性のアスペルギルス症の症例数は年間数千例と推定されており、この疾患の死亡率は50〜100%にも上るという。

 Platelia Aspergillus EIAの製造元は、Bio-Rad Laboratories社(ワシントン州Redmond)。詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「脱水」は2つに大別して考える カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:263
  2. 熱中症の診療はFIRE! カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:126
  3. 高Na・低Na血症で覚えておきたい計算式 カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:70
  4. 予約制で1日40人、念願のきめ細やかな診療実現 ルポ:50代の転職(3)◎完全予約制の小児科を開業 FBシェア数:67
  5. 「私、ゲイですが、膀胱癌といわれて……」 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:65
  6. 裏には何かある! 「合わない」情報への対処法 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:9
  7. 渡邊剛氏の大動脈弁置換術を動画でみる 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:208
  8. エカードとユニシアの併用処方は何が問題? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:42
  9. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:95
  10. ニボルマブはNSCLC第1選択薬の優位示せず NEJM誌から FBシェア数:67