2003.05.19

FDA、3時間で結果の出るアスペルギルス症の診断テストを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は5月16日、約3時間で結果の出るアスペルギルス症の診断テスト「Platelia Aspergillus EIA」を承認した。従来の標準的な培養試験では、結果を得るまでに最低4週間を要していた。

 侵食性アスペルギルス症は、白血病や臓器・骨髄移植を受けた人や、化学療法などにより免疫不全状態の人に起こり、死に到ることもある真菌感染症。感染を迅速に見極めることで、抗真菌薬による治療を早期に開始することができる。

 治験では、170人の被験者から採取した、1890の血液試料について調べた。その結果、感受性は80.7%で、特異性は89.2%だった。米国では、侵食性のアスペルギルス症の症例数は年間数千例と推定されており、この疾患の死亡率は50〜100%にも上るという。

 Platelia Aspergillus EIAの製造元は、Bio-Rad Laboratories社(ワシントン州Redmond)。詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:60
  2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:119
  3. 80歳代女性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  6. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:3
  7. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:80
  8. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  9. 集約化を進めれば地域の産科医療は崩壊する シリーズ◎産科診療所での無痛分娩は是か非か FBシェア数:57
  10. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:179