2003.05.19

FDA、3時間で結果の出るアスペルギルス症の診断テストを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は5月16日、約3時間で結果の出るアスペルギルス症の診断テスト「Platelia Aspergillus EIA」を承認した。従来の標準的な培養試験では、結果を得るまでに最低4週間を要していた。

 侵食性アスペルギルス症は、白血病や臓器・骨髄移植を受けた人や、化学療法などにより免疫不全状態の人に起こり、死に到ることもある真菌感染症。感染を迅速に見極めることで、抗真菌薬による治療を早期に開始することができる。

 治験では、170人の被験者から採取した、1890の血液試料について調べた。その結果、感受性は80.7%で、特異性は89.2%だった。米国では、侵食性のアスペルギルス症の症例数は年間数千例と推定されており、この疾患の死亡率は50〜100%にも上るという。

 Platelia Aspergillus EIAの製造元は、Bio-Rad Laboratories社(ワシントン州Redmond)。詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0