2003.05.16

【SARS速報】  中国の地域別新規患者報告数、北京は4月21日以来初めて30台を切る

 中国衛生部の発表データをもとに、主な地域別の新規患者報告数の推移をみると、北京からの報告は5月15日は27人となり、4月21日以来初めて30台を切った。5月11日からは50人以下を続けている。ただし、北京周辺の河北省、山西省、内モンゴル自治区などでは、少ないながらもまだ増減を繰り返しており、北京からの拡散を防ぎえたかどうかは予断を許さない状況だ(図参照)。

 中国全体でみると、5月10日に85人と100を切ってからは、11日69人、12日75人、13日80人、14日55人、15日52人と推移している。最も多かった4月28日の203人の4分の1近くまで減ってきた。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1