2003.05.16

【SARS速報】  中国の地域別新規患者報告数、北京は4月21日以来初めて30台を切る

 中国衛生部の発表データをもとに、主な地域別の新規患者報告数の推移をみると、北京からの報告は5月15日は27人となり、4月21日以来初めて30台を切った。5月11日からは50人以下を続けている。ただし、北京周辺の河北省、山西省、内モンゴル自治区などでは、少ないながらもまだ増減を繰り返しており、北京からの拡散を防ぎえたかどうかは予断を許さない状況だ(図参照)。

 中国全体でみると、5月10日に85人と100を切ってからは、11日69人、12日75人、13日80人、14日55人、15日52人と推移している。最も多かった4月28日の203人の4分の1近くまで減ってきた。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65