2003.05.16

【SARS速報】  WHOが感染地域からの到着者に対する対応を提言

 世界保健機関(WHO)は5月15日、感染地域から非感染地域への渡航者の取り扱いについて、全面的な渡航禁止や無条件の隔離など、過剰な反応は不要などとするガイドラインを発表した。ガイドラインでは渡航者を以下の3種類のカテゴリーに分けて扱うように提言し、「排除ではなく適切な管理を」とうたっている(以下、抄訳)。

1.発熱や呼吸器症状がなく、SARS患者との密接な接触の履歴がない渡航者は、行動を制限する必要はない。ただし、到着後10日間以内に発症した場合は、医療機関に連絡する。

2.SARS患者に接触した疑いがある場合は接触後10日間は出国せず、自国の保健機関
に連絡する。既に出国してしまった場合は、到着国の医療機関に連絡し、接触後10日間のサーベイランスなど到着国の標準的な手続きに従う。

3.到着後10日間以内に発症した場合は、部屋から出ず、医療機関に連絡して到着国の手続きに従って適切な隔離を行う。

 WHOの提言の原題は、「Guidance for Mass Gathering Events: hosting persons arriving from an area with recent local transmission of SARS」、全文はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25