2003.05.16

【SARS速報】  WHOが感染地域からの到着者に対する対応を提言

 世界保健機関(WHO)は5月15日、感染地域から非感染地域への渡航者の取り扱いについて、全面的な渡航禁止や無条件の隔離など、過剰な反応は不要などとするガイドラインを発表した。ガイドラインでは渡航者を以下の3種類のカテゴリーに分けて扱うように提言し、「排除ではなく適切な管理を」とうたっている(以下、抄訳)。

1.発熱や呼吸器症状がなく、SARS患者との密接な接触の履歴がない渡航者は、行動を制限する必要はない。ただし、到着後10日間以内に発症した場合は、医療機関に連絡する。

2.SARS患者に接触した疑いがある場合は接触後10日間は出国せず、自国の保健機関
に連絡する。既に出国してしまった場合は、到着国の医療機関に連絡し、接触後10日間のサーベイランスなど到着国の標準的な手続きに従う。

3.到着後10日間以内に発症した場合は、部屋から出ず、医療機関に連絡して到着国の手続きに従って適切な隔離を行う。

 WHOの提言の原題は、「Guidance for Mass Gathering Events: hosting persons arriving from an area with recent local transmission of SARS」、全文はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:73
  4. 糖尿病合併高血圧は尿蛋白陰性ならCa拮抗薬も 特集◎生活習慣病 7つの新常識《2》 FBシェア数:5
  5. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:550
  6. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:60
  7. 母親の終末期を巡る兄弟の葛藤への対処法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:113
  8. 第二世代抗ヒスタミン薬:アレグラ人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  9. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:414
  10. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:65
医師と医学研究者におすすめの英文校正