2003.05.16

【SARS速報】  WHOが感染地域からの到着者に対する対応を提言

 世界保健機関(WHO)は5月15日、感染地域から非感染地域への渡航者の取り扱いについて、全面的な渡航禁止や無条件の隔離など、過剰な反応は不要などとするガイドラインを発表した。ガイドラインでは渡航者を以下の3種類のカテゴリーに分けて扱うように提言し、「排除ではなく適切な管理を」とうたっている(以下、抄訳)。

1.発熱や呼吸器症状がなく、SARS患者との密接な接触の履歴がない渡航者は、行動を制限する必要はない。ただし、到着後10日間以内に発症した場合は、医療機関に連絡する。

2.SARS患者に接触した疑いがある場合は接触後10日間は出国せず、自国の保健機関
に連絡する。既に出国してしまった場合は、到着国の医療機関に連絡し、接触後10日間のサーベイランスなど到着国の標準的な手続きに従う。

3.到着後10日間以内に発症した場合は、部屋から出ず、医療機関に連絡して到着国の手続きに従って適切な隔離を行う。

 WHOの提言の原題は、「Guidance for Mass Gathering Events: hosting persons arriving from an area with recent local transmission of SARS」、全文はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176