2003.05.16

【SARS速報】  WHOが感染地域からの到着者に対する対応を提言

 世界保健機関(WHO)は5月15日、感染地域から非感染地域への渡航者の取り扱いについて、全面的な渡航禁止や無条件の隔離など、過剰な反応は不要などとするガイドラインを発表した。ガイドラインでは渡航者を以下の3種類のカテゴリーに分けて扱うように提言し、「排除ではなく適切な管理を」とうたっている(以下、抄訳)。

1.発熱や呼吸器症状がなく、SARS患者との密接な接触の履歴がない渡航者は、行動を制限する必要はない。ただし、到着後10日間以内に発症した場合は、医療機関に連絡する。

2.SARS患者に接触した疑いがある場合は接触後10日間は出国せず、自国の保健機関
に連絡する。既に出国してしまった場合は、到着国の医療機関に連絡し、接触後10日間のサーベイランスなど到着国の標準的な手続きに従う。

3.到着後10日間以内に発症した場合は、部屋から出ず、医療機関に連絡して到着国の手続きに従って適切な隔離を行う。

 WHOの提言の原題は、「Guidance for Mass Gathering Events: hosting persons arriving from an area with recent local transmission of SARS」、全文はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14