2003.05.16

全例にワルファリンが原則、脳塞栓症を招く高齢者心房細動−−日経メディカル5月号

最新号表紙画像 発症7日以内に入院した脳梗塞患者約5000人のデータ解析から、心原性脳塞栓症のおよそ7割が心房細動を合併しており、その割合が加齢と共に増加していることがわかった。合併例の約8割は、非弁膜症性心房細動で、大半は発症前に何らの抗血栓療法も受けていなかった。

 厚生労働省研究班が一昨年まとめた心房細動治療ガイドラインでは、非弁膜症性心房細動患者に対し、年齢やリスクに応じて抗凝固薬のワルファリンまたはアスピリンなどの抗血小板薬を推奨している。しかし、日本人患者を対象とした後ろ向き検討からは、脳塞栓症の予防に抗血小板薬は奏効しないことが明らかになった。

 本記事では、高齢者の心原性脳塞栓予防に関する最新のデータを通し、「心房細動患者へのワルファリン治療」が急務の課題であることを提示。出血のリスクを抑えながらワルファリンの効果を発揮させるための具体的なノウハウを紹介しています。詳しくは、日経メディカル5月号(5月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

 日経メディカルの読者の方は、「日経メディカル記事検索サービス」でバックナンバーを閲覧することもできます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449