2003.05.16

全例にワルファリンが原則、脳塞栓症を招く高齢者心房細動−−日経メディカル5月号

最新号表紙画像 発症7日以内に入院した脳梗塞患者約5000人のデータ解析から、心原性脳塞栓症のおよそ7割が心房細動を合併しており、その割合が加齢と共に増加していることがわかった。合併例の約8割は、非弁膜症性心房細動で、大半は発症前に何らの抗血栓療法も受けていなかった。

 厚生労働省研究班が一昨年まとめた心房細動治療ガイドラインでは、非弁膜症性心房細動患者に対し、年齢やリスクに応じて抗凝固薬のワルファリンまたはアスピリンなどの抗血小板薬を推奨している。しかし、日本人患者を対象とした後ろ向き検討からは、脳塞栓症の予防に抗血小板薬は奏効しないことが明らかになった。

 本記事では、高齢者の心原性脳塞栓予防に関する最新のデータを通し、「心房細動患者へのワルファリン治療」が急務の課題であることを提示。出血のリスクを抑えながらワルファリンの効果を発揮させるための具体的なノウハウを紹介しています。詳しくは、日経メディカル5月号(5月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

 日経メディカルの読者の方は、「日経メディカル記事検索サービス」でバックナンバーを閲覧することもできます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27