2003.05.15

【続報】【SARS速報】  厚労省、SARS初期診療機関の絞り込みを推奨へ

 厚生労働省のSARS対策専門委員会は5月15日、SARS患者の受け入れは、感染予防体制が整った医療機関で行うことが望ましいとする見解を固めた。「受け入れ準備が整っていない医療機関が患者を診るのは公衆衛生上好ましくない」(委員で国立感染症研究所感染症情報センター長の岡部信彦氏)ことがその理由。この方針に基づいて地方自治体に対し、地域の実情に則した体制作りを求める指針を提示する。

 委員の一部からは、N95マスクの不足などを理由に診療を断ったり、開業医と公的病院の間で患者の押し付け合いが発生するなど、患者にとって事実上の診療拒否と感じる事態が起きないように配慮を求める意見が出され、患者の受診を妨げない配慮を求める内容が追加された。

 委員会で最終的に合意した地方自治体に対する指針案は次の通り。

 「SARSの蔓延防止のため、SARS疑いのある者の初期の診療については、原則として外来における感染予防体制の整った医療機関で行うことが望ましい。このため、各都道府県においては、保健所と医療機関が一体となって地域の実情に応じた体制作りを行うこととする。ただし、患者の受診機会が損なわれないよう留意すること」。

 厚労省は同日、都道府県に対し、通知「SARS疑いのある者の初期の診療等について」(SARS対策第15報) を出し、この指針を明確にした。通知はこちらへ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172