2003.05.15

【続報】【SARS速報】  厚労省、SARS初期診療機関の絞り込みを推奨へ

 厚生労働省のSARS対策専門委員会は5月15日、SARS患者の受け入れは、感染予防体制が整った医療機関で行うことが望ましいとする見解を固めた。「受け入れ準備が整っていない医療機関が患者を診るのは公衆衛生上好ましくない」(委員で国立感染症研究所感染症情報センター長の岡部信彦氏)ことがその理由。この方針に基づいて地方自治体に対し、地域の実情に則した体制作りを求める指針を提示する。

 委員の一部からは、N95マスクの不足などを理由に診療を断ったり、開業医と公的病院の間で患者の押し付け合いが発生するなど、患者にとって事実上の診療拒否と感じる事態が起きないように配慮を求める意見が出され、患者の受診を妨げない配慮を求める内容が追加された。

 委員会で最終的に合意した地方自治体に対する指針案は次の通り。

 「SARSの蔓延防止のため、SARS疑いのある者の初期の診療については、原則として外来における感染予防体制の整った医療機関で行うことが望ましい。このため、各都道府県においては、保健所と医療機関が一体となって地域の実情に応じた体制作りを行うこととする。ただし、患者の受診機会が損なわれないよう留意すること」。

 厚労省は同日、都道府県に対し、通知「SARS疑いのある者の初期の診療等について」(SARS対策第15報) を出し、この指針を明確にした。通知はこちらへ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0