2003.05.14

【日本内分泌学会速報】 母乳栄養児、冬期のビタミンD欠乏症に要注意

 日照時間が短い冬期には、夏期よりも母体血・臍帯血や小児の血液中のビタミンD値が大幅に低下することが、名寄市立病院(北海道)小児科の矢野公一氏らの調べでわかった。皮膚でのビタミンD産生が夏期より低下するためとみられ、「母乳栄養児では特に、冬期は容易にビタミンD欠乏症になる恐れがあるため、日光浴やビタミンD補充などを検討すべき」と矢野氏らは提言している。研究結果は、5月11日の一般口演「骨・甲状腺5」で発表された。

 研究のきっかけとなったのは、無熱性けいれんで受診し、検査でビタミンD欠乏症であることがわかった乳児を5人、矢野氏らが診療したこと。うち4人には骨の変形(骨幹端中央部の杯状陥凹)がみられ、くる病を起こしていた。月齢は5〜9カ月と幅があったが、いずれも母乳で育てられており、さらに、発症時期が2〜5月とほぼ冬期に集中していた。

 矢野氏らは、人工乳と比べると母乳にはビタミンD含有量が少ないことに加え、冬期の日照時間が少ないことが、ビタミンD欠乏症の原因となったのではと考察。1.妊婦(36週)の母体血、2.臍帯血、3.血中カルシウム値が正常な小児(1〜17.5歳)の血液−−のそれぞれについて、冬期と夏期でビタミンD含有量がどの程度変わるかを調べた。

 その結果、母体血(冬期:16人、夏期:26人)、臍帯血(冬期:34人、夏期:27人)のいずれも、夏期より冬期の方が、内因性ビタミンD量を反映する血中25-OHビタミンD(25-OHD)量が有意に少ないことが判明。くる病のリスクがあるとみなせる5ng/ml以下のケースも、母体血では夏期が0%に対し冬期が6%、臍帯血では22%に対し47%で、いずれも冬期に有意に多いことがわかった。小児(冬期:29人、夏期:43人)も同様に、夏期より冬期で有意に平均25-OHD量が少なかった。

 矢野氏は「(北海道など高緯度の)冬期に日照時間が少ない地域では、母親と子供のどちらも、血中のビタミンD濃度が低くなる」と総括。通常は、皮膚でのビタミンDの合成に不可欠な「適度な日光浴」を勧めるところだが、寒冷地域では冬期に乳児の日光浴は困難なケースも多く、その場合は食物からのビタミンD摂取や、ビタミンD強化ミルクなどの使用が大切になると話した。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19